壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板



ル・ミリオン(Le Million):ルネ・クレール



ルネ・クレール(René Clair)のトーキー第二作「ル・ミリオン(Le Million)」(1931年)は、前作「パリの屋根の下」と同じく、身体演技と音楽との絶妙の組み合わせからなっており、バレー演劇とも、オペレッタとも、ボードビルともいえそうな、独特の映画である。身体演技の様式性をとことん追求した点では、「パリの屋根の下」よりも徹底している。音楽を取り入れながら、英米のミュージカルとは全く異なった雰囲気を醸し出しているのは、クレールがヨーロッパ大陸の祝祭文化を継承していることから来ているのだろう。

筋書きは「パリの屋根の下」よりも単純で、馬鹿馬鹿しさも徹底している。日頃債権者に追われている貧乏画家ルネ・ルフェーヴル(René Lefèvre)が、宝くじを当てたことがわかるが、その当たり券をしまったジャケットが、ふとしたことから第三者の手に渡ってしまった。そこで、貧乏画家やその友達そして債権者たちが、当たり券の行方を求めてドタバタの追及劇を広げるというものだ。その合間に、画家とその恋人アナベラ(Annabella)の愛のささやきがかわされるのは、いかにもフランス的といってよい。つまり、洒落ているのだ。

この映画に出てくるパリの街も、「パリの屋根の下」と同じく人工のセットだ。おそらく同じセットを使っているのだろう。こういうセットは、作るのには金がかかるが、いったん作ると、何度でも使うことができる。冒頭に、屋根伝いに歩いていた男が、天窓を外して、そこから下の部屋を覗き込むシーンが出てくるが、これはセットだからこそできる演出であろう。とこあれ、昔のパリにはこんなことがあったのかと、見ていて楽しい気分にさせられる。

身体演技と音の組み合わせについては、前作以上に工夫のあとが伺われる。登場人物たちが、軽快な音楽に合わせて動き回るところが、マリオネットの人形を見るようだし、また、オペラの舞台の上で、主人公の上着を奪い合うシーンでは、なぜか、オペラの音楽ではなく、ラグビーの試合の騒ぎが重ねられる。これは、「パリの屋根の下」での格闘シーンで、通り過ぎる列車の音が重ねられていたことを思い出させるが、それ以上に、荒唐無稽さを感じさせる。

一つのものを大勢の人間たちが奪いあうという点で、舞台上の騒ぎとラグビーの試合の騒ぎには共通点があると強弁できないでもないが、なぜオペラの舞台にラグビーなのか、という疑問が残らないではない。しかし、それでも大した不自然さを感じさせないのは、この映画が、レアリズムではなく様式性を追求したものであることを、観客が了解しているためだろう。





HOME フランス映画次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである