壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ:根岸吉太郎



2009年の映画「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ」は、太宰治の短編小説「ヴィヨンの妻」の映画化である。筆者が原作を読んだのは半世紀も前の学生時代のことで、内容はほとんど忘れてしまったが、「人間失格」同様、太宰自身の自滅的な生き方が色濃く反映されたものだったと、おぼろげながら記憶している。今回映画でそれを見て、太宰の自滅的な生き方がかなり強調されているので、恐らく原作の雰囲気を生かしているのだろうと感じた次第だ。

生活能力のない男(浅野忠信)が、女を食い物にするヒモのような生き方をする一方、女が亭主の借金を返す為に外に働きに出るや、妻が浮気をしているのではないかと、疑いかつ嫉妬する。そんな男に妻(松たか子)は文句一つ言うわけでもなく、黙々として仕える。それなのに男は、妻が間男をしているのではないかと疑って、俺はコキュ(寝取られ亭主)になりたくないなどと悪態をつく。その挙句に男は、別の女と心中沙汰を起すのだ。それにショックを受けた女は言う。妻が他の男に寝とられた男がコキュだとしたら、夫に他の女と心中された女は何と言うのかと。

心中した男は、最初は殺人の、相手の女(広末涼子)が生き返ってからは殺人未遂の嫌疑をかけられる。そこで妻は昔の恋人でいまは弁護士になっている男に弁護を頼む。弁護士は報酬を要求する。金のあてがない女は、体で支払うことになる。そんな妻に向かって男は、弁護士とはどんな関係なのだと詰問する。妻は答える。とても恥ずかしくて口では言えないことをしました、と。

要するに完全に破綻した夫婦の話で、その破綻の原因は専ら男のほうにあるのだが、映画はそんな男を責めるでもなく、また、男の妻も夫を責めるでもない。男女平等が当たり前になった今の日本では、男はやり放題、それに対して女は忍の一字、といったこういう関係は、アナクロニズムといっていいはずなのだが、この映画は大ヒットしたし、原作者の太宰の小説は相変わらずベストセラーなのだそうだ。そういうことを見せられると、筆者などは不思議な気持に捉われてしまう。

映画のラストシーンは、さんざん勝手なことをやって、自分を苦しめてきた男を、妻が寛容な気持で許すところを描く。あなたを世間は人非人というけれど、人非人でいいではないですか。生きていくことが大事ですと。つまりこれからも一緒に生きていきましょうと呼びかけるわけだ。その呼びかけに男は答えるような仕草をする。映画はそこで終わる。それでよいのだ、と言うが如くに。

浅野忠信が自滅型の男の退廃的なムードをよく出している。松たか子はけなげに生きる女、それは昔の日本の女のひとつの典型だったと思うのだが、そういう雰囲気をよく出していた。和服姿が似合う。敗戦直後のことだから、普通の女はみな和服姿だった。この映画のなかで洋服を着ている女は、パンパンたちと広末演じる堕落した女だけだ。





HOM日本映画21世紀編|次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである