壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




刺青:増村保造



増村保造の映画「刺青」は、谷崎のあの小説が原作だという触れ込みなので、そのつもりで見たら、全く違った代物だった。筋書きも雰囲気も全く似ていない。共通点があるとすれば、それはただひとつ、女の背中に彫られた刺青の図柄が蜘蛛だったということだ。谷崎の小説では、この刺青を彫られた娘が、少女から女へと変ったというふうな落ちになっているが、この映画の場合は、普通の女が悪女に化けたというわけだ。そういうわけで、刺青は筋書きを進めるための添え物で、本筋は悪女の悪女振りを描くところにある。その悪女を、これは悪女役をやらせたら型にはまる若尾文子が演じている。この映画はどうも、若尾文子のために作られたようなものだ。若尾はこの映画を通じて、永遠の悪女スターという名声を後世に残すこととなった。

悪女に化けた、という言い方をしたが、刺青を彫られる前の若尾は、恋一筋に生きる可憐な女だったのだ。それが刺青を彫られた途端に、いきなり毒婦となって、男をたぶらかすことを楽しむ女に変身する。その変身振りは、人格がそっくり入れ替わるような激しさなので、これは背中の毒蜘蛛の作用としかいいようのない、異常さなのだ。その異常さが周囲を巻き込み、女の周囲は俄に血なまぐさくなる。

若尾の背中に彫られた蜘蛛の図柄は、あまり迫力のあるようには見えない。それは女の顔を持った巨大な蜘蛛で、女の背中の真ん中に陣取り、八本の足を背中いっぱいに張り巡らせている。その蜘蛛の様子が女を抱きすくめているように見え、女はその力に操られて悪事を重ねるのだと伝わってくる。

女はもと大店の一人娘だったが、手代の男と駆け落ちをしたところを、やくざ者に見入られて鴨にされる。その挙句背中に蜘蛛の刺青を彫られ、女郎屋に売り飛ばされるのだが、生来気の強い女らしく、境遇を逆手にとって、男たちを翻弄する。色男を使って、自分を売り飛ばした悪い奴らを次々と殺したり、八百石の旗本に惚れたりして、最後には殺されてしまうのだ。

その女を殺したというのが、女の背中に蜘蛛の刺青を彫った彫師だった。彫師は、女の美しさに惚れて、そのみずみずしい肌に刺青を彫る喜びを味わったはいいが、その刺青の蜘蛛が女をかどわかし、次々と人殺しが起こることに、良心の呵責を感じていた。そこで蜘蛛にこれ以上悪さをさせないよう、女の肌もろともに破壊してしまったわけである。その破壊の行為が女殺しとなって現われたわけだ。

こんなわけでこの映画は、蜘蛛の刺青というアイデアを谷崎から拝借して、あとは若尾の悪女振りが最大限うかがわれるように、話の筋を按配したというものである。

若尾は妖艶な色気を映画のなかで発揮している。その色気が悪女の雰囲気を演出している。背中の蜘蛛を観客にもよく見てもらいたいがために、若尾はしょっちゅう裸になって背中を見せてくれる。その背中で蜘蛛が動き回って見えるのは、若尾の肌が波打っているからだ。若尾は、背中はもとより、全身に肉と脂がよくついていて、そのために肌が波打つように動き回るのだ。




HOME| 増村保造| 次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである