壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




痴人の愛:増村保造



「痴人の愛」は、谷崎の実体験を踏まえた小説だ。実体験を盛り込むに当たっては、当然自分自身の面子が意識に上るだろうから、いくらエロ・グロなテーマを扱っていても、そこには自分の尊厳へのこだわりがいくらか働くものだ。この小説の場合には、谷崎の分身たる主人公が、女に溺れてしまったのは、女の尊い美しさと、それについての男の美意識が相乗的に働いた結果であって、なにも下世話な意図がもたらしたものではない、というようなメッセージが、谷崎一流のレトリックで発せられているわけだ。だから読者は、そのメッセージを受け損なうと、この小説を正しく受容することはできない。そのように少なくとも谷崎本人は思っていたに違いない。

ところが、増村はその谷崎の意図を全く無視して、それを自分流に受け取った上で、おもしろおかしい映画に仕立て直した。だから、この映画を谷崎が見たら仰天するだろうと思う。この映画の中の主人公は、谷崎の分身にしてはあまりにも情けない存在だし、女にいたっては、いささかの尊さも感じさせない。その尊さこそが、谷崎の分身たる男を夢中にさせたのであるが、それがない女はただの不良女であり、それに夢中になる男は、馬鹿者としかいいようがない。実際増村は、この女のことを、原作にはない言葉を使って貶めている。「共同便所」というその言葉は、誰にでもさせる女という意味の言葉で、昔は「見ず転」などといわれていたものが、戦後このように言われるようになったものだ。そんな下品な女を相手にしてでは、男の情熱はただの素頓狂に過ぎなくなる。この映画のなかで男を演じる小沢昭一は、痴人というより、いかれた痴漢のように見える。痴人というとまだ人間性を感じさせるが、痴漢というと、これはまあ動物以下だ。

増村は何故、原作者の谷崎も不快になるに違いないような、映画の作り方をしたのか。谷崎作品としてはすでに「刺青」を作った増村は、原作をかなり自己流に歪曲していたが、この映画の場合には、一応筋書きは原作から借用している。「刺青」は、新藤兼人が脚本を書き、筋書きを原作とは全く違ったものにしたことで、それなりに映画としての体裁が整っていたが、こちらは、筋書きが原作を借用している点で、出来損ないの映画化といった印象を受ける。

女の描き方があまりにもひどい。そして女がそんなにひどいわけは、育ちが悪いからだとか、血統のせいだとか、原作には書いていないことを持ち出してきて、意図的に女を貶めている。そんな女を相手にしていては、まともな世界が展開されるわけがない。といったわけでこの映画は、B級ポルノ映画といってよいのではないか。B級ポルノ映画でも、女をこんなふうに貶めることは滅多にしないものだ。そんなことをする男は、女に対して変なコンプレックスを持っているのだろうと、かんぐられて仕方ないところだろう。

しかしまあ、小沢昭一もよくやっている。こういうとぼけた役柄をやらせたら、小沢の右に出るものはいない。もっとも、そんな小沢と一緒くたにされたら、谷崎はもっと不愉快になるだろうけれど。




HOME| 増村保造| 次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである