壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




夢二:鈴木清順



「夢二」は、「ツィゴイネルワイゼン」、「陽炎座」と並んで「大正浪漫三部作」と称され、鈴木清順の代表作である。大正時代のレトロな雰囲気を売り物にしているこの三部作は、幻想的な筋運びとともに、映像の美しさもポイントになっている。大正時代とロマン主義がどういうわけで結びついたか、いまひとつわからないところもあるが、映画の世界での大正時代のイメージは、レトロでかつ幻想的ということになっているらしい。

前二作と比べてこの「夢二」という作品は、やや迫力に劣るという印象を受ける。筋書きに締まりがないことが主な原因だが、主役の沢田研二の演技にも理由があるだろう。やはりどうひいき目にみても大根役者としか言いようがない。沢田は歌手としては一世を風靡してが、役者としてはついに一皮むけることがなかった。この映画は彼にとっての記念碑のようなものだ。いい意味でも、よくない意味でも。

大正時代に活躍した日本画家「竹久夢二」をテーマにしている。筆者は夢二のことはほとんどなにも知らないが、この映画を見る限り、淫奔な女たらしだったらしい。西洋の画家には女たらしはめずらしくなく、クリムトなどはモデルの腹に一ダース以上の子を孕ませたことで有名だが、夢二もまたその轍を踏んでいた、というふうにこの映画からは伝わってくる。実話なのか、でっちあげなのか、夢二に無縁な筆者にはわからない。

舞台は金沢だ。鈴木は金沢が好きらしく、「陽炎座」も金沢を舞台にしていた。その金沢に画家の夢二(沢田研二)がやってくる。恋人を東京から呼び寄せ、一緒に楽しもうという魂胆からだ。ところが恋人はなかなか現れない。代わって土地の旧家の嫁さん(鞠谷友子)とひょんなことから近づきになり、その女と懇ろになる。夢二が泊まっている旅館の女将(大楠道代)も、夢二に性的な関心を抱き、誘惑しようとする。それに東京からやってきた別の女も加わって、夢二は色男に生まれた喜びを謳歌するというわけだ。

どういうわけか、嫁の旦那というのが、百姓の女房をたらし込んだおかげで、その百姓から命を狙われる。しかし死ぬことになるのは旦那ではなく、百姓の方だ。百姓は自分で首を吊って死ぬのだが、夢二はその首吊りを手伝わされるはめになるのだ。

映画は夢二と彼を取り巻く女たち、旧家の旦那と彼を付け狙う百姓が、入れ替わり立ち替わり前面に出てきて、口上たっぷりに演技をしてみせる。その演技ぶりは原田芳雄演じる旦那がもっとも迫力に富み、沢田のほうはどうも精彩に欠ける。沢田が出てくるときには、女もかならずセットで出てくるのだが、その度に女のほうが強い存在感を示すのだ。

というわけでこの映画は、沢田の魅力を紹介することが大きな目的だったはずなのだが、その肝心な沢田が大根であるおかげで、映画は締まりがなくなっている。どうみてもこの映画のなかの沢田はでくのぼうにしか見えない。そんな男に抱かれたいと思う女はいないだろうと思われる。




HOME| 日本映画 | 鈴木清順









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである