壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




ルパン三世カリオストロの城:宮崎駿



「ルパン三世」は、漫画とテレビで大きな流行を起こした作品で、筆者も昔テレビでよく見たことがある。いまだに放映されているというから、その人気の息の長さがわかる。宮崎駿は、この作品のテレビ制作の初期に携わったほか、劇場用映画も手がけた。「ルパン三世カリオストロの城」がそれで、この作品は宮崎にとって最初の劇場用映画となった。

ルパン三世の魅力の秘密は、ストーリー展開もさることながら、主要キャラクターたちの性格というか、雰囲気設定が絶妙なところにある。ルパン三世は大泥棒でありながら、悪を以てもっと巨大な悪を制するといった趣があるし、彼の相棒である次元と五右衛門は、ルパンとはちょっと違った雰囲気を醸しながら、ルパンとともに悪人どもを退治する姿が、颯爽としたイメージを喚起させる。ルパンの敵役である銭形警部でさえ、ルパンを引き立てながら、物語を多彩なものにしている。これに峰藤子が一枚からんで、多少の色を添えれば、物語の世界は豊穣たるものとなる、といった具合だ。

アニメであるから、現実世界の限界をかなり逸脱し、ストーリーの荒唐無稽とも言える展開ぶりと、ルパンたちのスーパーマンのような活躍ぶりが、見ている者をわくわくさせてくれる。しかもその荒唐無稽さとか超人的な能力が、かならずしも異様には見えない。世の中にはこういうことが起こっても、許されるのだ、と観客に思わせるところがある。そこは物語を語りかけるものの腕の見せ所というべきだろう。

この「カリオストロの城」は、泥棒であるルパン三世が、桁違いな泥棒ともいうべき偽金作りを相手に、波瀾万丈の戦いをしかけるところを描く。カリオストロ公国という独立国が、国をあげて世界中の紙幣を密造し、それを流通させることで巨大な利益を得ている。その国の独裁者である公爵は、一人のうら若い乙女を自分の妻にしようとしている。そう状況のなかでルパン三世が、公爵の野望を打ち砕き、うら若い女性を救出するというのがストーリーの概要だ。

この救出劇にあたってルパン三世が、次元や五右衛門の力を借りながら、また銭形警部の追求をかわしながら、そして峰藤子の協力も得ながら、超人的な活躍をする。その活躍ぶりが、このアニメ映画の神髄であり、また醍醐味であると言ってよい。要するに肩の凝らない、しかも気力をかき立ててくれる、なかなか愛すべき映画なのだ。




HOME| 宮崎駿 |次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである