壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




地下水道:アンジェイ・ワイダ



ポーランドは、他の東欧諸国に比べて映画の質が高いと言われる。それには、アンジェイ・ワイダやロマン・ポランスキといった作家が、欧米側から高く評価されたことが働いている。アンジェイ・ワイダが1956年に作った「地下水道」は、ポーランド映画を世界に認識させた記念碑的な作品である。

「地下水道」はワルシャワ蜂起の名称で知られる、ポーランド軍の対独戦の結末を描いたものである。ワルシャワ蜂起は、1944年8月1日から10月初めにかけて起こった。ソ連赤軍の猛反撃によってドイツ軍に混乱が生じたことを背景に、ポーランド国軍が対独戦に立ちあがったものだが、その背景には複雑な事情があったと言われる。ポーランド国軍は、一方ではロンドンの亡命政権の意向を汲みながら、他方ではソ連赤軍による応援を期待していた。しかし、ロンドン政府とソ連との間には信頼のパイプがなかったと言われ、そのため、ロンドンとつながりがあったワルシャワ蜂起に対して、ソ連側は冷淡な態度を取ったと言われる。そんなこともあって、ポーランド国軍は弱体化したドイツ軍を攻略できず、かえってドイツ側に屈服させられた。その結果、一万数千人の国軍兵士と20万人前後の民間人が死亡したと言われる。

映画「地下水道」は、ワルシャワ蜂起の最終局面を描いたものである。蜂起が始まってから56日目というから、ワルシャワ蜂起が敗北に終わる直前の9月25日から翌26日にかけてのわずか二日間の出来事が描かれている。ザドラ中尉率いるポーランド国軍の中隊が、周囲をドイツ軍に囲まれて孤立し、絶体絶命の状況に陥っている。そんななかでも兵士たちは勇敢に戦うが、圧倒的な力を持つドイツ軍の前には敵ではない。次々と犠牲者が出て、中隊のメンバーは激減していく。しかし、彼らの士気は衰えることがない。

そんなところへ、斥候を通じて本体の指令が届けられる。下水道管を通って中央区に陣取る本体に合流せよというのだ。メンバーの中には、下水道管の中で鼠のようにはい回ることを嫌がる者もいるが、中隊長のザドラは、これは本部の命令だと言って部下たちを動かす。こうして、中隊メンバーが下水道管の中に潜った時、その数は27名になっていた。なお、下水道管の中には、中隊のメンバーの外に、民間人も大勢加わった。彼らはとりあえず、ドイツ軍の攻撃から身を守るために、下水道管の中に身をひそめるのだ。

下水道管の中での、中隊のメンバー一人一人の動向が追跡される。彼らは暗黒の下水道管の中で、懐中電灯の僅かな灯りを頼りに、中央区の方向へと移動して行く。その途中で、ガスにやられて倒れる者や、気が狂ってしまう者もある。ヤツェクとストクロトカは恋人同士なので、当然のことながら行動を共にする。ヤツェクは地上での戦闘の合間に右肩を撃ち抜かれ負傷している。そんなヤツェクをストクロトカがいたわるようにして連れ歩く。二人はやっと中央区に出るマンホールにたどり着くが、ヤツェクにはマンホールの梯子を上っていくだけの体力が残されていない。そこでストクロトカは、せめて新鮮な空気を吸うために、ヴィスワ川へ流れ出る下水道管の先端にヤツェクを伴っていく。彼らはやっとの思いでそこにたどり着くのだが、たどり着いた時にはヤツェクの体力は精進しつくされ、やがてその場で死んでいくのである。

この場面を見ると、下水道管の水はそのままの状態で川に流れ落ちている。ということは浄化処理を行っていないということだ。これでは、都市衛生上大きな問題があるだろうと、余計なことを考えさせられる。

一方、他のメンバーは、先程の中央区のマンホールを通じて外へ脱出する。しかし不幸なことに、脱出したその場所にはドイツ軍の兵士が待ち構えていて、その場で拘束されてしまうのだ。拘束を逃れて抵抗する者は撃ち殺される。あたりには、そうして撃ち殺された人々の死体が累々と横たわっている。

この映画の圧巻はいうまでもなく、下水道管の中での人々の振舞にある。当然のことながら、彼らは敵に対して身構えたり、或いは怯えたりする。しかし、その敵の姿は画面にはほとんど現れてこない。敵は、下水道管の中を右往左往する人々を通じて現前する。ということは、下水道管の中のこれらの人々は、実際に存在している敵ではなく、自分の中にある敵のイメージに怯えているということになる。彼らはいわば、自分の影に怯えているのだ。

人々が下水道管(地下水道)の中を逃げ回るというイメージは、ヴィクトル・ユーゴーの小説「レ・ミゼラブル」にも出て来るが、これは早くから下水道が整備されていた国でこそ形を結ぶイメージだろう。下水道はシェルターとしての機能も果たしているわけだ。翻って同時代の日本を見ると、下水道は殆ど整備されておらず、地下鉄もまだ珍しかった。もしそれらが、1944年のワルシャワ並に整備されていたら、たとえば東京大空襲の時に、大勢の日本人が助かったかもしれない。そんなことを思いながらこの映画を見るのも、意趣と言えよう。

なお、この映画がとりあげた地下水道を通じての部隊の移動は、実際にあった出来事らしい。ワルシャワ蜂起が最終的に敗北に終わるのは、この数日後のことだ。





HOMEポーランド映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである