壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




静かなる男( The quiet man ):ジョン・フォード



「静かなる男( The quiet man )」は、アイルランドにルーツを持つジョン・フォード( John Ford )が、その美しい故郷に捧げたオマージュのような映画である。豊かな自然を背景に、人々の心のこもった交流を描く。それを見ていると、人間の理想的な生き方とはこういうものなんだ、というフォードの確信のようなものが伝わってくる。

映画の舞台となっているのはイニスフリーという小さな村。イニスフリーと聞くと、ウィリアム・バトラー・イエイツの詩「湖の小島イニスフリー」を思い浮かべるが、両者には関係はないようだ。イエイツの詩の中のイニスフリーは、アイルランド北部にある湖ロッチ・ガイルに浮かぶ小島であるが、この映画に出てくるイニスフリーは美しい自然に囲まれた小さな村である。

その小さな村に、一人のアメリカ人がやってくる。彼はこの村に生まれ、少年時代に家族とともにアメリカに渡ったのだが、感ずるところがあって、故郷に戻ってきたのだ。そして昔自分の家族が住んでいた家を買い戻し、そこで新しい生活を始めたいと思う。そんな男の前に美しいが気の強い女性が現れる。二人は互いに一目惚れをする。だが、そう簡単に結ばれることができない。アイルランドには、結婚をめぐってうるさいしきたりがあり、それらをクリアしないと、いくら愛し合っていても結婚できないのだ。

そういうわけでこの映画は、男の立場からは嫁取り物語、女の目からは「私の王子さま」の物語なのだ。

筋書きは至って単純だ。ジョン・ウェイン( John Wayne )演じるショーン・ソーントンが、モーリン・オハラ( Maureen O'Hara )演じるメアリー・ケイトを嫁にもらいたいと望む。だが、アイルランドでは、女性は家族の長の許しがないと結婚できない。メアリー・ケイトの場合、家族の長は長兄のレッド・ウィル(ヴィクター・マクラグレン Victor McLaglen )だが、この男はなかなかけちで、持参金をやるのが惜しさに妹の結婚を認めない。そこで、ショーンに好意を寄せる人々が、一計を労してレッド・ウィルの気持を変える。妹を片付けて家の中から女がいなくなれば、レッド・ウィルが愛している女性がその後釜に入ってくるはずだ、こういって騙すのだ。

レッド・ウィルを騙したおかげで、二人は婚約することが出来た。この婚約には一定の期間があって、それが過ぎないと正式に結婚できない。やっとその期間が過ぎて結婚にこぎつけたはいいが、レッド・ウィルのほうでは、目当ての女性と結婚できない。自分が騙されていたことに気づいたレッド・ウィルは、怒って妹の持参金を渡そうとしない。

ところが、アイルランドの女性は、身分に相応しい持参金がないと、晴れて嫁入りすることが出来ない。そのことをしきりに訴えるメアリー・ケイトに向かって、ショーンはそんなことはどうでもいいじゃないか、と言うのだが、メアリー・ケイトには割り切ることが出来ない。それどころか、私が当然もらってしかるべき持参金を、長兄から取ってきて欲しいとショーンをけしかけるのだ。そんなことを言っても、レッド・ウィルが簡単に持参金を渡すわけはない。力づくで取り上げるしかない。しかし、それは喧嘩を意味する。メアリーは喧嘩してでも持参金を取って欲しいと言うのだが、ショーンにはそれは馬鹿げたことにうつる。そんなショーンをメアリーは臆病者だと決め付けて、家出をしてしまうのである。

こんなわけで、進退窮まったショーンは、レッド・ウィルから力づくにでも持参金を取り上げる決心をする。そしてそれは成功する。その成功と引き換えにショーンはレッド・ウィルとボクシングの試合をする羽目になる。実を言うとショーンはもとプロボクサーで、ボクシングには自信があるのだが、試合で相手を殺してしまったことを後悔して、二度と人を殴るまいと決意していた。その決意を破ったのは、メアリー・ケイトへの愛がそうさせたわけである。

クライマックスは、ショーンとレッド・ウィルとの壮絶な殴りあいだ。レッド・ウィルもショーンに劣らず強い。二人の殴り合いには、大勢の人が賭けたのだったが、レッド・ウィルに賭けるほうが多かったくらいだ。

だが試合はドローに終わった。終ってみると、二人とも相手が非常に気に入ったのだった。拳のとりもつ友情が芽生えたわけである。こういうわけで、ショーンとメアリー・ケイトが夫婦の絆を強める一方、レッド・ウィルの方も目当ての女性と結ばれることができたのだった。

以上の簡単な筋書きからわかるとおり、これは純朴な人々の間の友情と愛情をコミカルに描いた、アメリカ版の人情喜劇と言ってもよい。





HOMEアメリカ映画ジョン・フォード|次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである