壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板



オーソン・ウェルズ( Orson Wells )の映画

オーソン・ウェルズ( Orson Wells )は若くして天才の名声をほしいままにした。彼が25歳の時に作った映画「市民ケーン」は、20世紀中は、映画史上最高傑作との評価が高かった。オーソン・ウェルズははまた、俳優としても味のある演技で定評があり、自作のシェークスピアもののほか、キャロル・リードの名作「第三の男」にも出演している。ここではそんなオーソン・ウェルズの作品を鑑賞したい。



市民ケーン:オーソン・ウェルズ
審判:オーソン・ウェルズ

マクベス( Macbeth ):オーソン・ウェルズ
オセロ:オーソン・ウェルズ

第三の男



HOMEアメリカ映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである