壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




ものすごくうるさくて、ありえないほど近い



アメリカ映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(Extremely Loud and Incredibly Close)」を見た。9.11に父親を失った少年の癒しがたい心の傷を描いた作品だ。

少年は対人関係が苦手で、それを心配した父親の愛情に固着して生きていたのだが、その固着すべき存在が突然消えてしまった。文字どおり、遺体も残さずに消えてしまったのだ。

父親の葬儀で空の柩が埋められるのを、少年は我慢ができない。母親も含めた世の中全体に我慢ができないばかりか、自分自身にさえ我慢ができない。それほど心の奥底深く、少年は大きな傷を受けてしまったのだ。父親を突然、しかも理不尽に失ったことで。

この物語はだから、心の傷がうずき続ける少年の深い苦しみと、そこから抜け出るきっかけをつかもうとして、あえぎながら探索を続ける心の旅を描いたものなのだ。

少年は父親が死んで1年たったときに、初めて父親の遺品を覗いてみた。父親のクローゼットの中で、誤って落として割った花瓶の中から一本のカギが出てきた。少年はそのカギとあう鍵穴が見つかれば、もしかして父親につながる貴重な宝物が出てくるのではないか、と子どもながらに空想する。そしてその空想を実現するために、カギと合う鍵穴を探すことにする。こうして少年の探求の毎日が始まる。

少年は、カギの入っていた袋にBLACKと書かれていたことから、それが人の名前に違いないと思い、電話帳でBLACKという人を当ってみた。BLACK姓の人はニューヨークに400人以上いた。少年はその一人一人を探し出し、面会する決意をした。

少年はニューヨークの端から端まで一人で歩きながら、一人一人のBLACKさんと面会をし、父親のことを何か知っていないか、と尋ね続ける。多くのBLACKさんは親切に少年に接してくれた。そして少年に同情し、自分の悲しみも語ってくれた。つまり悲しみを共有しようとしてくれた。

途中から、祖母のアパートに間借りしている不思議な老人が、少年と一緒に探索してくれるようになった。少年はそのうちに、この老人の仕草が自分の父親とそっくりなことに気づき、もしかしたら、自分のおじいちゃんではないかと思い始める。

結局一番初めに会っていた女の人が、そのBKACKさんの手掛かりを知っていたのだった。少年はその女の人の導きで、BLACKさんと会い、カギの由縁を聞くことができた。それはBLACKさんと彼の父親との絆となるものではあったが、少年の父親とは係わりのないことが明らかになった。少年の父親はBLACKさんから、そのカギの入った花瓶を買っただけなのだった。

しかし少年は、この探索が無駄になったとは思わなかった。多くの人と出会い、人が生きることとは何なのか考えさせられたし、おじいちゃんとも出会えた。

母親との間に少年は、どうしてかはわからないが、わだかまりのような感情を抱いていた。9.11のあの日に、パパではなく、ママがそこにいればよかったんだと、ひどいことを言ったりする。しかしママはそんな息子をしっかりと受け止めてくれる。そればかりではない、少年が夢中になっていることがなにか、それを自分なりに調べて、少年の知らない間に、少年が会おうとしている人たちと接触していた。

そのことを知って、少年はやっと、自分一人だけが苦しんでいるのではない、と理解する。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(Extremely Loud and Incredibly Close)」とは、少年が母親にあてたプレゼントのタイトルだ。なにがうるさくて、なにが近いのか、それは観客一人ひとりが想像する以外にない。

少年は自分と会ってくれたすべての人々にお礼の手紙を書き、おじいちゃんには戻ってきてほしいと書いた。少年はたとえ愛する父親を失ったとしても、世界中で自分が一人ぽっちではないんだということを、初めて納得するのだ。

この映画は、そんな少年の心の軌跡を淡々と追跡していく。そこには余計なメッセージはほとんどない。少年の表情と行動とがむき出しのかたちで表出されているだけだ。だがそれは言葉以上に雄弁なように思えた。

ラスト・シーンは少年がブランコをこぐ場面だ。少年は父親の前ではブランコをこぐことができなかった。怖かったからだ。でも今はできる。それは、父親がいなくても、きっと生きていけるのだ、ということのあかしのようにもうけとれる。

主人公の少年を演じたトーマス・ホーン(Thomas Horn)は、出演中は14歳の中学生だったそうだ。





HOMEアメリカ映画アメリカ映画補遺









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである