壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




フレンチ・コレクション(The French Connection):ウィリアム・フリードキン



フレンチ・コネクション(The French Connection)とは、フランスとつながりのある麻薬密売組織のことを言う。その麻薬密売組織を摘発しようとするニューヨーク市警の警察官たちの奮闘を描いたのが1971年の映画「フレンチ・コレクション」だ。実際にあった出来事をもとに作られたという。

アメリカン・ニューシネマの傑作のひとつとして位置づけられているが、そのわけは、警察権力に対する冷めた視点がこの映画を貫いているからだろう。この映画の中の警察官たちは、クールな法の執行者というよりは、ホットなゲーム・プレーヤーといった感じで、正義を追及しているというよりは、個人的な怨念に突き動かされているという印象を与える。従って、彼らが犯罪者を相手にとる行動には、悪人相手ならばどんなことも許されるといった、ある種のニヒリズムが漂っている。

とにかくこの映画に出てくる警察官たちは、無法行為すれすれのことを含めながら、自分たちの目的の実現の為には、どんな行為も辞さない。しかし、そんな彼らの奮闘も、巨大な悪を根絶することは出来ない。彼らは仲間内の同士討ちまでしてこの巨悪と戦いながら、結局悪を退治することができなかった。彼らが追い求めた悪の親玉は、彼らの追及を逃れて、彼らの手の届かないところに去ってしまうのだ。何たる無力感。

映画から感じ取れるこの無力感が、この映画を単なる刑事ものにとどめず、アメリカン・ニューシネマの傑作として位置づけさせたのであろう。

ポパイという綽名の刑事を演じたジーン・ハックマンの演技が圧倒的な迫力で迫ってくる。この刑事は、警察組織内のあぶれ者のような感じで、上からの組織的な命令によってではなく、自分自身の感性にしたがって行動するところがある。彼がフレンチ・コネクションと戦う決意をしたのは、別に上から命令されたわけではなく、なんとなくやってみたくなったからだ。彼の上司はむしろ、彼がその仕事をするのを快く思っていない。警察というのはいつも忙しいものなのだ、だからつまらぬことに大きなエネルギーを費やすわけにはいかない。そんなわけで、ポパイと彼の同僚のクラウディ(ロイ・シャイダー)は、ほとんど二人だけで、巨大な麻薬組織に立ち向かうことになる。途中から財務省の麻薬捜査官が加わるが、何故アメリカでは財務省が麻薬にかかわりがあるのか、日本人としては面白いところだ。日本では薬事行政の担当官庁である厚生省が、警察と一緒になって麻薬取締りを行っている。

映画の最大の見せ場は、自分の命をとりにやってきた殺し屋をポパイが追跡するシーンだ。殺し屋はポパイの殺害に失敗した後、電車に乗って逃げる。それをポパイが車で追いかける。その車は一般人から徴発したものだ。有無を言わせずに車を徴発し、殺し屋の乗った電車を追いかける。

電車は高架線上を猛スピードで走り、車はその下を、これもまたすさまじいスピードで走る。他の車に衝突したり、歩行者を跳ね飛ばしそうになったり、交通違反もなにもあったものではない。無法そのものといった運転をした挙句、ついに電車に追いついて殺し屋を追い詰める。そして殺し屋を銃で撃ち殺す。このあたりの画面の運び方は実に小気味よい。

ラストシーンは、ニューヨークの郊外らしいところで展開される麻薬シンジケートの一味と警察の戦いだ。攻撃力では警察のほうが勝っているから、麻薬シンジケートは難なく制圧される。しかし、この戦いの中で、ポパイは味方を誤って射殺してしまう。それは代償としては痛恨のことだったが、その痛恨な代償を支払ったにかかわらず、敵の本命(フェルナンド・レイ)には逃げられてしまう。彼のほうが警察より一枚上だったのだ。彼はそれ以前にも、ポパイの執拗な追跡をまんまと潜り抜けている。要するにポパイは翻弄されつづけなのである。捕まえた連中と言えば、みな微罪で、やがて放免されてしまう。これでは何のために命をかけて悪と戦ってきたのか、ポパイが悔しがるのも無理はない。

こんなわけでこの映画は、警察官たちと悪との壮絶な戦いを描きながら、警察側にかなりシビアな視線を向けている。警察の動機にはいつでも一貫したものがあるわけではなく、また、一般市民を巻き込んでまで大騒ぎをしたわりには、彼らの達成したことはあまり褒められたことにはならない。そんな突き放したような見方が、この映画を貫いているように見える。





HOMEアメリカ映画ニューシネマ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである