壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




豪勇ロイド(Grandma's Boy)



ハロルド・ロイドはチャップリン及びキートンと並びサイレント時代のアメリカン・コメディを代表するキャラクターだ。日本でもロイド眼鏡が流行歌の文句になったほど人気があった。チャップリンが社会の矛盾をペーソスをまじえて描き、キートンが物語性の強い映画を作ったのに対して、ロイドの映画にはあまり癖がない。無邪気な笑いを楽しんでいる風情がある。

「豪勇ロイド(Grandma's Boy)」は、日本語の題からは大げさなイメージが浮かんでくるが、原題にあるとおりおばあちゃん子の話だ。小さい頃から臆病だった子が、成人後恋人ができたが、その恋人をマッチョなライバルに奪われそうになる。そこをおばあちゃんが心配して、おじいちゃんの勇猛譚を話して聞かせ、その勇猛の陰には魔法の人形の魔力があるといって、それを孫に渡す。その人形の魔法のおかげで、おばあちゃん子はライバルを倒したばかりか、町中が苦しんでいたならず者まで退治するという話である。

そんなわけだから、チャップリンのような批判のパンチもないし、キートンのような追いつ追われつのアクションもあまりない。眼鏡をかけたひ弱なロイドが、マッチョな男を相手に痛快な戦いぶりを見せるという、非常に他愛ない造りの映画だ。

おじいちゃんもロイドが映じている。そのロイドは南軍のユニフォームを着て、北軍の部隊を相手に大活躍する。このように南軍に感情移入して南北戦争を描くと言うのは、グリフィスやキートンの映画でもあったが、そのほうが当時の観客にアピールできたのだろうか。日本の時代劇で新撰組が贔屓にされるようなものか。

映画の語り方に独特なものがある。時間の経過を表現するのに、a while later といわずに a mile later と言ったりする。一マイルの間にその分のドタバタ騒ぎがあったというわけである。

動物の使い方もユニークだ。子猫が出てきてロイドの靴を舐める。別にそれで都合が悪くなるでもないのに、ロイドは子猫を蹴飛ばす。すると子猫は大勢の仲間の子猫を呼んできて、皆でロイドの靴を舐める。どうということはないのだが、子猫たちが一心に靴をなめるところがなんとも愉快だ。

ロイドがならず者を追跡するシーンで、裸馬を盗んで乗る。その馬は農耕用に飼われていて、人を乗せた経験がないらしく、ロイドに乗られてびっくりし、左右にふらふらぶれながら走る。その様子が人間の酔っ払いを見るようで、これもまた愉快極まりない。

こんなわけでこの映画は、仕掛けの意外さで人を楽しませる、といった体裁の作品だ。





HOMEアメリカ映画コメディ次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである