壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




オペラは踊る(A Night at the Opera):マルクス兄弟



マルクス兄弟は、トーキー時代になって頭角を現わした。サイレント時代の喜劇映画は、身体演技からなっていて、せりふが字幕で示される場合にも、言葉はあくまでも二義的だった。ところがトーキー時代になると、喜劇といえどもせりふをしゃべらねばならない。サイレント映画の人気者だったバスター・キートンやハロルド・ロイドはせりふをしゃべるのが苦手だったが、マルクス兄弟はせりふをしゃべるのがうまかった。そこで彼らがトーキー時代の喜劇のチャンピオンに躍り出たわけである。

1935年の作品「オペラは踊る(A Night at the Opera)」は、彼らの代表作である。この映画には、マルクス五兄弟のうち、グルーチョ、チコ、ハーポの三人が出ている。グルーチョはこのメンバーでは三番目の年だが、映画のなかでは彼が主演役だ。マルクス兄弟のほかの作品同様、もっぱらグルーチョが言葉をしゃべり、他の二人はその引き立て役に回っている。

筋は他愛ないものだ。イタリアの歌劇団が船でニューヨークにやってきて公演する。その公演に詐欺師のグルーチョがからむ。舞台のテノール役には有名な歌手が起用されることになっていたが、グルーチョは、自分の気に入った歌手に差し替えたいと思っている。そこで色々と手を尽くして自分の計画を成就しようとする。それにチコとハーポが絡んで大騒ぎを演じるというものだ。

見所は、イタリアからニューヨークに向かう船の中で展開されるどたばた騒ぎと、ニューヨークの歌劇場で繰り広げられるスペクタクルだ。船の中でグルーチョは、日本の感覚で言えば四畳半程度の狭い部屋をあてがわれるのだが、そこに荷物の中に隠れて船に紛れ込んできたチコら三人のほか、大勢の人間が押しかけてきて、超寿司つめになるシーンが秀逸だ。

歌劇場では、舞台に忍び込んで主演者の演技を邪魔しようとするグルーチョたちと、それをさせまいとする歌劇団長との間でスケールの大きい捕り物劇が展開される。これにニューヨーク警察が絡んだりして舞台は大混乱となる。その混乱のさなかで、ハーポなどは空中サーカスのような立ち回りを演じて、大いに観客を笑わせてくれる。

というわけで、これはせりふ付きのドタバタ喜劇といってよいのだが、せりふのほかにもう一つの要素、音楽をふんだんに取り入れてある。トーキーというのは、せりふばかりでなく、音楽も楽しめるのだ。この映画の中の歌劇団は、ヴェルディのトルヴァトーレを演じている。その部分はミューカル・コメディになっている。





HOMEアメリカ映画コメディ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである