壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板



楢山節考:木下恵介の世界



木下恵介の映画「楢山節考」は、深沢七郎の同名の小説を映画化したものである。深沢はこれを、姨捨山伝説に取材したといっている。姨捨山伝説とは、大和物語に出てくる老母虐待の話で、老母を山中に捨てた息子が自分の行為を後悔して、「我が心慰めかねつ更級や姨捨山に照る月を見て」と歌ったというものである。しかし、これは一人の親不孝な男の物語であって、棄老の風習があったということではない。それを深沢は、あたかも日本の古い時代に、現実に棄老の風習があったかのように描いたわけである。

深沢の小説では、信州のある部落(姨捨山のある処)に、代々姨捨の風習が伝わっており、その風習に従ってひとりの老女が、山に入る決意をする。山は楢山といって、部落の人々は神聖な山としてあがめている。そこに入ることは、実際には死ぬことを意味するのだが、部落の人々は神様のいるところに行くのだと伝えている。それを人々は「楢山さまにお参りする」といっているのである。

老女には一人の息子と4人の孫がいるが、この息子は親孝行で、母親を楢山に捨ててくるなど、とてもできないと思っている。この息子の後妻になった女も、老女の人柄にうたれて、いつまでも一緒に暮らしていたいと思うようになる。それゆえ、老女を楢山に捨てるというのは、大和物語の場合とは違って、息子の意思ではなく老女の意思にもとづくのであり、その背景には部落共同体の風習があったというふうになっている。この物語はだから、大和物語のように親子の対立を描いたのではなく、共同体と個人の関係を描いたものだということができる。しかし、その対立は歴史上実在したものではなく、あくまでも深沢の想像に根差しているわけである。

この、深沢の想像にもとづく物語を、木下恵介はかなり忠実に再現した。しかし、その再現の仕方は一風かわっていた。木下はこの映画を、いわゆる映画らしくではなく、演劇的に作ったのである。映画は、黒子が鳴らす拍子木の音とともに、歌舞伎舞台と同じような幕が落されるところから始まる。背景も、歌舞伎舞台と同じような仕掛けで展開していく。それに長唄の伴奏が伴う。というより、この映画は全編に長唄と浄瑠璃が流れており、歌舞伎のように作られているのである。木下は、この物語があまりにも陰惨なので、これを原作通りリアルに描いたのではどぎつすぎると思って、このように様式的に描いたのではないか。

舞台はすべてセットで設定されている。そのセットは、いかにも様式的で、作り物だという印象を与える。木下は、この映画を現実の物語ではなく、あくまでも作り物として見てもらいたい、と思ったのだろう。歌舞伎もどきの作り物であるから、カメラワークも、あたかも歌舞伎の舞台を写しているかのように進められる。映画に特有な技術は極力遠ざけられ、ロングでかつ静的な画面展開が中心となる。まるで、歌舞伎舞台の実況中継であるかのように。

この映画の最大のポイントは、共同体の抑圧的な力によって、個人が押しつぶされていく過程を描いているところにある。それはひとつには、主人公のおりん婆さん(田中絹代)に、伝統にしたがって楢山参りをするように強制する力として働く。映画の中では、おりん婆さんは、貧しい一家の口べらしをするために、早く楢山参りをしようと決断することになっているが、彼女が楢山参りをする本質的な理由は、やはり共同体の伝統に従うということなのである。彼女の生みの親も、また嫁ぎ先の舅たちも、楢山参りをした。だから自分もその例に倣わなければならないと考えている。そんな彼女に孫のひとりが、とっとと早く楢山に行けと罵るが、これは孫の口を借りた共同体の意思表示と見えなくもない。共同体の意思は逃れることが出来ないとされているわけだ。

もうひとつ、共同体の秩序を乱した者に、共同体が罰を加える場面が出てくる。貧しさのために泥棒を働いた男が、共同体の全員によってリンチを加えられるばかりか、その家族(12人もいる)も、ひとり残らず消されてしまう。実際こんなことが、昔の日本で起こったのかと疑問がわかないでもないが、この映画では、共同体は個人の意思を押しつぶす、不気味なものとして描かれているのである。

映画の見どころのひとつに、楢山参りを決意したおりん婆さんが、部落の長老たちから、楢山参りをするについての心得を聞かされる場面がある。おりん婆さんと倅の辰平(高橋貞二)のわきに六人の長老たちが一列に並び、聖水を回し飲みしながら、ひとりひとり心得を説いていく。出かける時は誰にも見られてはならない、口をきいてはならない、振り返ってはならない、そして楢山に至る道順である。その場面を写す間、カメラは固定されて動かない。まるで、舞台を遠回しに映し出しているかのように。

クライマックスは、おりん婆さんが倅の辰平に背負われて楢山に向かうシーンである。ふたりの出発を後妻の玉やん(望月優子)が見送る。楢山が近づくにつれて、辰平は母親に話しかけるが、おりん婆さんは答えようとしない。ついに楢山の入口にある鳥居の所にたどり着く。ここまでくれば、山には入らずに引き返すという選択もあるうるのだ、と倅は長老の一人からひっそりと聞かされていたのだったが、意を決して鳥居をくぐる。鳥居をくぐった先には、人骨が累々と重なり、異様な光景が広がる。その一角に、おりん婆さんは蓆を敷き、その上に座す。持参してきた二つの握り飯のうち、ひとつは自分のために残し、一つを倅にわたす。こうして、蓆のうえにわだまかりながら、神様のお迎えを待つのである。

泣きながら引き返した倅は、途中で雪が降り出したことで気を取り乱し、母親のところに急いで舞い戻って、「おっかあ、雪が降って来たよ」と呼びかける。しかし、母親はあっちへ行けと手で仕草をし、答える様子を見せない。雪は神様からのお迎えの使者なのだといわんばかりに。

最後の場面で、後妻の玉やんが亭主に向かっていう言葉、「わたしらも70になったら、いっしょに山に行くんだわ」が印象的だ。この二人は同い年だから、もし70まで共に生きたら、一緒に山に行くことになるだろう。




HOME木下恵介次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである