壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板



笛吹川:木下恵介の世界



木下恵介の映画「笛吹川」は「楢山節考」に続いて深沢七郎の小説を映画化したものである。「楢山節考」は、棄老をテーマにして、民衆の貧困と蒙昧を、第三者的な視点(演劇を見ている観客の視点といってよい)から描いたものだったが、この作品では、舞台を戦国時代に設定して、(観客ではなく)時代を生きる当事者(民衆)の目から見た世の中の愚かさが描かれている。

戦国時代における世の中とは、戦国大名が支配する世界であり、戦が日常的に行われている世界である。そんな世界に住んでいる民衆は、一方では戦争の被害者になったり、また、みずから志願して馴れない戦いに加わったりもする。どちらに転んでも、戦争に関わりあいながら生きていくしかない。しかし、戦とはそもそも何のために行われるのか。それを、よくよく考えると、世の中の愚かさが浮かび上がってくる。この映画は、そんな印象を与える作品である。

舞台は甲斐の国。笛吹川にかかる橋のたもとに住んでいる一族の四代(最後の孫の世代を含めると五代)にわたる興亡のようなものが、年代記風に語られる。彼らが生きている時代は、信虎、信玄、勝頼の治世下であって、武田氏が絶頂期を経て滅亡へと向かう時期であった。それゆえ、年がら年中戦が行われ、百姓たちは常に戦を意識しながら生きている。それは、一方では、戦を迷惑なものとする考えを生むとともに、他方では百姓たちに出世のチャンスとも受け取られる。この一族からも、戦に出て戦功を上げ、出世するものも出てくる。しかし、それは長続きしない。百姓は所詮百姓なのであり、似合うのは地を耕すことであって、人を殺すことではないのだ。

映画の主人公にあたるのは、この一族の三代目に当たる定平(田村高広)とその妻おけい(高峰秀子)である。定平の祖父は、自分の息子が戦に加わって出世することを願っていた。その願いに息子の一人が応えるが、もうひとりの息子は応えずに百姓に徹する。定平はその男(伯父にあたる)に育てられるのである。

祖父は、領主のめでたい儀式に怪我をして血を流し、神聖な場を汚したというので領主の怒りを買って殺されてしまう。定平の生みの母は、定平を兄弟にあずけて再婚するが、これも嫁ぎ先が領主の怒りを買ってもろともに殺されてしまう。こんな具合にこの一族は、領主からひどい目にあわされることが多いのだ。この映画では、ほかにも領主によって不条理な殺され方をするものが出てくる。領主もまた、子が親を追放したり兄が弟を殺したりする。そんな乱れた有様を、百姓たちは覚めた目で見ている。

おけいは15歳で嫁いできたということになっている。彼女は、ひとから「ちんば」といわれるように脚が悪い。しかし、そのことをハンデにせずに、心持も感心で、よく働く。なかなか子どもができなかったが、嫁いでから10年目にやっとさずかる。「ぼこ(子どものこと)」が欲しければ西の湯に浸かるがよいと聞き、わざわざ出かけていって、湯に浸かった成果があらわれたのであった。こうして彼女は四人の子の母となり、橋のほとりの小さなかやぶきの家で、一家六人むつましく暮らすのである。

ところが、その子供たちが成長すると、次々と志願して戦に加わるようになる。最初に長男が、定平の伯父にそそのかされて志願する。それを母親のおけいが止めようとするが、長男の意思は固い。ついで次男も長男にそそのかされて志願する。そればかりか、長女もまた長男の計らいで領主のもとに奉公することになる。そんな子どもたちが、母親は心配でならない。そこで、三男を遣わして、次男と長女を連れ戻そうとするが、三男もまた、長男にそそのかされて戦の陣営に加わってしまう。心配が頂点に達した母親は、自分自身で子どもたちを連れ戻しに赴く。そして子どもたちが加わっている行列に追いつくや、子どもたちひとりひとりにすがり付いて、一緒に帰ろうと懇願する。そのシーンが、この映画の最大の見所だ。

このシーンは、息子がいる出生兵士の行列を田中絹代演じる母親が追いかける、「陸軍」のあのシーンを思い出させる。「陸軍」の母親は思いを胸に秘めて何も言わなかったが、この映画の母親は、子どもたち一人一人に向かって、一緒に帰ろうと呼びかける。それに対して長男が、我々には先祖代々領主様のお世話になった恩があると言い返す。すると母親は、そんなことがあるものか、わたしたちはひどい目にあわされてきたばかりだ、と諭す。しかし、その言葉は子どもたちには届かない。

実は、この行列は負け戦の逃避行なのであった。最後の死に場を求めて天目山に向かう勝頼の一行で、行列には兵士のみならず、女や子どもも加わっている。子どもの中には、長男の子、つまりおけいの孫もいる。そんな子や孫と別れがたく、おけいは、孫の手をひきながらどこまでも行列についていく。一人だけ家に戻るわけにはいかないのだ。しかし、逃避行の途中で、一行は敵方に遭遇して戦となり、その混乱に巻き込まれて、おけいは孫とともに殺されてしまうのだ。子どもたちも、いずれ死ぬことになる。

こうしてたった一人ぽっちで取り残された定平が、笛吹川の水で米をといでいるところに、武田の軍旗が流れてくる。定平がそれをいまいましそうに放り投げるところで、この映画は終わるのである。

この映画にはほかに、いくつか見所がある。まず、映像処理だ。これはもともとモノクロフィルムで作られたが、そのフィルムのところどころに色彩処理を施して、画面の一部に色をつけてある。その色は、空の青であったり、草の緑であったり、人間の血の色であったりするわけだ。当時はこれを褒める批評家もいたようだが、筆者が見た限りでは、あまり成功しているとはいえない。むしろ白黒のままだったほうがよかったと思う。

また、前作の「楢山節考」に採用されていた演劇的な趣向が、この映画のなかでも一部取り入れられている。ひとつは、老婆の幽霊が出てきて、それが狂言回しのような役割をしている点だ。しかし、これも、つけたしのような感じがして、なかなかしっくりしていない気がする。

もうひとつは、謡曲を取り入れている点だ。宴会の場面で謡曲が流され、領主さまはこの謡曲がお気に入りだったと家来に言わせている。「勇者は懼れずの弥猛心の梓弓・・・今日の修羅の敵は誰そ、なに能登の守教経とや」とあるから、「八島」の一節だとわかる。「八島」はいうまでもなく勝ち修羅のひとつなので、武士にとっては演技のよい曲なのである。

この映画はまた、戦の場面が非常に多く出てくる。川中島の合戦、三方が原の戦い、長篠の戦い、高遠の合戦など、歴史に名高い合戦の場面もあるが、木下はそれらを、感情豊かに、あるいはダイナミックに描くようなことをしていない。感情を押し殺して淡々と描いている。ときには静止画面をつなぐような処理をしている。そうすることで、戦いの馬鹿らしさを浮かび上がらせようとしたのかもしれない。いかにも木下らしい演出だ。

この映画でも、高峰秀子の演技ぶりに、大いに感心させられた。なにしろ15歳の娘時代から、白髪の老婆までを演じて、不自然なところがまったくない。とりわけ、老婆となって子どもたちに追いすがるところは、なんともいえない哀れさを感じさせる。




HOME木下恵介









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである