壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板




アジアの映画:作品の解説と批評


アジアといっても、東は日本から西はトルコまで非常に広い。そのアジアの映画を取り上げるにあたっては、このサイトでは、日本は無論、台湾を含む中国を別に柱建てしてあるので、韓国から東南アジアからインドを経てトルコに至るまでの各国の映画を取り上げることにしたい。それでもかなり多彩な観を呈している。東南アジアと中東では、一部イスラム文化を共有する国もあるが、非常に異なった文化圏が隣り合わせになっている。それを反映して、映画文化にも多くの相違が認められる。

この圏域内でもっとも映画作りが盛んなのはインドである。いまやインドの映画製作本数は、アメリカに肩をならべるほどで、ハリウッド映画に比較してボリウッド映画と称されている。その多くはミュージカル形式の娯楽的なものだが、中にはインドの文化を如実に感じさせるシリアスな作品もある。インド映画を代表する監督といえば、サタジット・レイであり、かれは「オプー三部作」と言われるインドの庶民の暮らしに題材をとった作品をはじめ、多くの薫り高い映画を作って世界中から賞賛を浴びた。

次に映画作りが盛んなのは韓国だろう。韓国は今や世界有数の経済大国となり、その経済力を背景にして映画作りも盛んになった。韓国映画が世界的に注目されるのは21世紀に入ってからだが、それ以前の20世紀においては、パンソリなど韓国の伝統演劇を母体にした映画が盛んにつくられていた。パンソリとは、語り物の一種で、日本の説経節などの語り物に似ているところがある。

意外に映画作りが盛んなのがイランである。イランは長い間、国際的に孤立して経済的に振るわなかったのだが、なぜか映画作りは盛んだった。イランの映画を代表する作家はアッバス・キアロスタミである。キアロスタミは、イランの子供たちをモチーフにした映画が非常に高く評価されたのだが、イラン国内ではあきたらず、外国にも積極的に出かけて行って、外国資本で映画作りをおこなった。日本でも映画を作っている。

イランの西では、中近東諸国特にイスラエルとトルコが映画作りの盛んな国である。中近東には、パレスチナ問題をめぐって深い対立の歴史があるので、いきおいその対立が映画の主要なモチーフとなる。ユダヤ人の国家イスラエルの映画には、イスラエル政府のやり方に批判的なものもあって、なかなか面白いところがある。一方トルコなどは、反米感情が盛んと見えて、アメリカに対する強い批判意識を感じさせる映画もある。

アジアの中で東南アジアの諸国は、近年になって映画作りが盛んになった。だが、ベトナムの作家トラン・アン・ユンの映画は、早くから日本人に知られていた。かれは日本に来て、村上春樹の小説「ノルウェイの森」を映画化している。

こんな具合に、一口にアジア映画と言っても、文化を異にする多くの国が含まれ、国ごとに多彩な映画が作られているというのが実態である。ここではそんなアジア諸国の映画のうち、代表的な作品を取り上げ、鑑賞のうえ適宜解説・批評を加えたい。


韓国の映画

風の丘を越えて:イム・ギョンテク
春香伝:イム・グォンテクのパンソリ映画
酔画仙:イム・グオンテク
オアシス:イ・チャンドン
サマリア:キム・ギドク
うつせみ:キム・ギドク
嘆きのピエタ:キム・ギドク
オールド・ボーイ:パク・チャヌク
ハハハ:ホン・サンス
許されざるもの:ユン・ジョンビン
ブラザーフッド:朝鮮戦争を描く
タクシー運転手 約束は海を越えて:光州事件を描く
ほえる犬は噛まない:ポン・ジュノ
殺人の追憶:ポン・ジュノ
グエムル-漢江の怪物:ポン・ジュノ
母なる証明:ポン・ジュノ
スノーピアサー:ポン・ジュノ
パラサイト 半地下の家族:ポン・ジュノ

東南アジアの映画
立ち去った女:ラヴ・ディアス
ローサは密告された:フィリピン社会の闇を描く
キナタイ マニラ・アンダーグラウンド:ブリランテ・メンドーサ
青いパパイアの香り:トラン・アン・ユン
夏至:トラン・アン・ユン
ノルウェイの森:トラン・アン・ユン
シアター・プノンペン:カンボジア映画
ブンミおじさんの森:タイ映画の世界

インドの映画

サタジット・レイの映画
大地のうた:サタジット・レイの映画
大樹のうた:サタジット・レイの映画
女神:サタジット・レイの映画
ビッグ・シティ:サタジット・レイの映画
チャルラータ:サタジット・レイの映画
森の中の昼と夜:サタジット・レイの映画
対抗者:サタジット・レイの映画
ミドルマン:サタジット・レイの映画

イランの映画
カンダハール:モフセン・マフマルバフ
独裁者とその孫:モフセン:マフバルバフ
別離:アスガル・ファルハディ
彼女が消えた浜辺:アスガル・ファルハディ
ある過去の行方:アスガル・ファルハディ
チャドルと生きる:ジャファル・パナヒ
オフサイド・ガールズ:ジャファル・パナヒ
人生タクシー:ジャファル:パナヒ
柳と風:モハマド・アリ・タレビ
ダンス・オブ・ダスト:アボルファズル・ジャリリ
ハーフェズ ペルシャの詩:アボルファズル:ジャリリ
ペルシャ猫を誰も知らない:バフマン・コバディ

アッバス・キアロスタミ
トラベラー:アッバス・キアロスタミ
友だちのうちはどこ:アッバス・キアロスタミ
ホームワーク:アッバス・キアロスタミ
そして人生はつづく:アッバス・キアロスタミ
オリーブの林をぬけて:アッバス・キアロスタミ
桜桃の味:アッバス・キアロスタミ
風が吹くまま:アッバス・キアロスタミ
トスカーナの贋作:アッバス・キアロスタミ
ライク・サムワン・イン・ラヴ:アッバス・キアロスタミ

中東諸国の映画
オマールの壁:パレスチナ人を描く
パラダイス・ナウ:ハニ・アブ・アサド
クロエの祈り:パレスチナ問題を描く映画
レバノン:イスラエルのレバノン侵攻を描く
ミュンヘン:スティーヴン・スピルバーグ
約束の旅路:エチオピアのユダヤ人
シリアの花嫁:イスラエルのゴラン高原占領
キプールの記憶:第四次中東戦争の一齣
ケドマ 戦禍の起源:イスラエル建国の一齣
フリー・ゾーン 明日が見える場所:アモス・ギタイ
撤退:アモス・ギタイ
幻の薔薇:アモス・ギタイ
判決、ふたつの希望:レバノンにおけるパレスチナ問題
ガザの美容室:タルザン・ナサール
少女は自転車にのって:サウジアラビアの少女を描く

トルコの映画
イラクー狼の谷





HOME









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである