壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



イランの映画:作品の解説と批評


イラン映画の歴史は20世紀の始めまで遡るようだが、国際的な注目を集めるようになったのは、1979年のイラン革命以後のことだ。アッバス・キアロスタミの「友だちのうちはどこ」以下の三部作が世界の注目を集め、「桜桃の味」がカンヌでパルム・ドールをとると、それに刺激された形で、新しい世代の映画監督たちが、次々と傑作を生みだしていった。だからイラン映画は、比較的新しく、しかも欧米の映画とは一風変わった作風の映画として、国際的に評価されるようになった。

アッバス・キアロスタミは、革命以前から映画作りを始めていたが、本格的に映画を作るようになったのは、革命以後である。イラン革命は、シーア派の権威を高めたもので、そのシーア派は、文化に対して抑圧的な態度で臨んだので、そういう時代に映画がかえって栄えるというのは不思議な現象であるともいえる。だが実際には、そうした抑圧と妥協したり、あるいは反発したりしながら、イランの映画作りは進んできたのである。

キアロスタミは、比較的穏健な立場で映画を作ったので、権力との軋轢はあまりなかったようだ。かれの作品は、「友だちのうちはどこ」に代表されるが、それは現代のイラン社会に生きる人々を、率直に、淡々と描いたもので、批判的な視点を前面に押し出しているわけではないが、イラン社会自体が大きな問題を抱えているので、それを率直に表現することでは、図らずして現代イラン社会を批判しているという効果も指摘できよう。

権力と正面からぶつかったのはジャファル・パナヒだ。パナヒは「チャドルと生きる」とか「オフサイド・ガールズ」などの作品を通じて、同時代のイランを徹底的に批判したために、たびたび上映禁止の仕打ちを受けた。

キアロスタミとパナヒを両極として、大部分の監督はその中間に位置していると考えてよい。アスガル・ファルハディは、イラン人の生き方を淡々と描き、その生き方の特殊な性格を世界に向かって発信した。また、アボルファズル・ジャリリもイラン人の生き方を如実に描いたが、その画面からは、イラン社会の遅れた側面がよくわかるように伝わって来る。

イランはイスラム教シーア派の国であり、シーア派がスンニー派以上に教条的なことはよく知られている。宗教が生活の中に溶け込んでいるわけだが、そういうイラン人の宗教意識は、イラン映画のほとんどから伝わってくるのではないか。ここではそんなイランの映画の中から代表的な作品を取り上げて、鑑賞の上適宜解説・批評を加えたい。



カンダハール:モフセン・マフマルバフ
独裁者とその孫:モフセン:マフバルバフ
別離:アスガル・ファルハディ
彼女が消えた浜辺:アスガル・ファルハディ
ある過去の行方:アスガル・ファルハディ
チャドルと生きる:ジャファル・パナヒ
オフサイド・ガールズ:ジャファル・パナヒ
人生タクシー:ジャファル:パナヒ
柳と風:モハマド・アリ・タレビ
ダンス・オブ・ダスト:アボルファズル・ジャリリ
ハーフェズ ペルシャの詩:アボルファズル:ジャリリ
ペルシャ猫を誰も知らない:バフマン・コバディ

アッバス・キアロスタミ
トラベラー:アッバス・キアロスタミ
友だちのうちはどこ:アッバス・キアロスタミ
ホームワーク:アッバス・キアロスタミ
そして人生はつづく:アッバス・キアロスタミ
オリーブの林をぬけて:アッバス・キアロスタミ
桜桃の味:アッバス・キアロスタミ
風が吹くまま:アッバス・キアロスタミ
トスカーナの贋作:アッバス・キアロスタミ
ライク・サムワン・イン・ラヴ:アッバス・キアロスタミ


HOME アジア映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2019
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである