壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



韓国の映画


韓国の映画が世界水準に達するのは21世紀になってからだ。2019年にはポン・ジュノの映画「パラサイト」がカンヌでパルム・ドールをとり、アカデミー賞の作品賞にも輝いた。ポン・ジュノの作品には、同時代を批判的に見る社会的な視線を強く感じさせるものが多いが、そうした傾向は他の監督にも共有されているようだ。

無論娯楽性の強い映画も多く作られている。韓国には「パンソリ」とい語り物の伝統がある。日本の説教節とか浪曲に似たものだが、それをテーマにした作品が、20世紀の後半には多く作られた。その他、日本で「韓流ドラマ」として親しまれているような恋愛主体の大衆劇も人気を集めている。ここではそんな韓国映画の中から代表的な作品を取りあげて、鑑賞の上適宜解説・批評を加えたい。



風の丘を越えて:イム・ギョンテク
春香伝:イム・グォンテクのパンソリ映画
酔画仙:イム・グオンテク
オアシス:イ・チャンドン
サマリア:キム・ギドク
うつせみ:キム・ギドク
嘆きのピエタ:キム・ギドク
オールド・ボーイ:パク・チャヌク
ハハハ:ホン・サンス
許されざるもの:ユン・ジョンビン
ブラザーフッド:朝鮮戦争を描く

ほえる犬は噛まない:ポン・ジュノ
殺人の追憶:ポン・ジュノ
グエムル-漢江の怪物:ポン・ジュノ
母なる証明:ポン・ジュノ
スノーピアサー:ポン・ジュノ
パラサイト 半地下の家族:ポン・ジュノ


HOMEアジアの映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2020
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである