壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



パラサイト 半地下の家族:ポン・ジュノ



ポン・ジュノの2019年の映画「パラサイト 半地下の家族」は、韓国映画としてははじめてカンヌのパルム・ドールをとったし、アカデミー賞のグランプリもとった。ポン・ジュノ自身は、すでに高い評価を得ていた映画人だが、この映画を通じて、韓国映画を国際レベルへ引き上げるとともに、自分自身も国際的な巨匠としての評価を勝ち取った。

ポン・ジュノは社会的な矛盾を、皮肉なタッチで描くことが得意だ。「グエムル」は、米軍の化学兵器研究の副産物として生まれた怪獣が、人類に襲い掛かるというものだったし、「スノーピアサー」は人類の愚かな行為によって地球が滅びたというような内容だった。「パラサイト」では、もっと身近な所に視点が映っている。この映画で描かれているのは、韓国の格差社会なのである。

主人公は、半地下の部屋に住んでいる四人家族。その家族が、金持ちの家に寄生して暮らすというような話である。だが、その暮らしは長続きしない。世の中には、もっと下の生活があって、その最下層の生活者が、かれら中途半端な貧乏人に制裁を加えるのだ。貧乏人が、もっと貧乏な人間によって、束の間の安楽から突き落とされるというのは、かなりひねった筋書きである。そこがこの映画を、単なる社会派映画にとどめていないところだ。

この四人家族は、息子がまず英語の家庭教師として金持ちの家にやとわれたのを皮切りに、次々とこの家に雇われる。娘は美術の家庭教師として、父親は主人のお抱え運転手として、母親は家政婦としてやとわれるのである。息子は友人からアルバイトの口を譲ってもらい、その息子が妹を紹介するのだが、運転手と家政婦については、それまでに働いていた人間を追い出して、その後釜に座るのである。だから、ちょっとした胡散臭さも感じさせる。

その胡散臭さは、前任の家政婦が再登場した頃から更に深まる。この家政婦は、家の地下に夫を隠しており、それが気になって戻って来たのだった。この家は、さる建築家がたてたものを、いまの住人が買い受けたのだったが、その際に、家政婦も引き続き残ったのだった。この家には、主人たち家族の知らない秘密の地下室があって、そこに家政婦がホームレスの夫をかくまっていたのだった。

このホームレス夫妻との間で、家族は大きなトラブルをかかえ、挙句の果ては殺し合いの事態に発展してしまう。家政婦は、母親の過失によって命を落とし、それに怒ったホームレスの男が息子に大けがをさせ、娘を殺す。そのほか、どういうわけか、一家の父親が家の主人を殺してしまうのである。それはかれの刹那的な発作というふうに描かれているが、じつは主人から有形無形に被った侮辱への報復だったとも思わせるように作られている。

父親を演じたソン・ガンホは、ポン・ジュノ映画の常連だ。「殺人の追憶」、「グエムル」、「スノーピアサー」といった作品に出ている。それらでは、剽軽な印象を振りまいていたが、この映画では、結構重厚な役柄を演じている。その父親と息子との父子関係が、この映画の一つのウリになっている。息子は世の中の脱落者だが、同じ脱落者の父親を尊敬している。だいたい、ポン・ジュノの作品に出て来る親子は、強い絆で結ばれているのだが、それは韓国社会を思想的に支えてきた儒教道徳の名残なんだろうかと思わせられる。




HOMEアジア映画韓国映画










作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2021
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである