壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



薄氷の殺人:刁 亦男



2014年の中国映画「薄氷の殺人(白日焰火)」は、巧妙な殺人事件の謎を追うサスペンス映画である。どうという特徴もないのだが、ベルリンの金熊賞をとった。主演の刑事崩れを演じた廖凡の、一風変わったウェットさが受けたのだろう。

或る事件を担当した刑事(ジャン)が、何の手がかりも得られず、事件は迷宮入り。ジャンは刑事をクビになってしまう。その五年後、警備員となっていたジャンは、ある殺人事件にかかわることになる。その事件というのが、五年前に担当した事件と手口がよく似ていた。そこで刑事根性を刺激されたジャンは、負け犬から這い上がるのを目指して、自分なりに追求する。

すると一人の女が浮かび上がる。その女が五年前の事件と今回の事件に関わっているのではないかと踏んだジャンは、女を執拗にマークする。その女には色気があり、また性格にも複雑なところがあって、ジャンは次第に惹かれていく。

ジャンはついに事件の全容を明らかにすることに成功するのだが、それは愛する女の逮捕を意味していた。そういうわけで、ジャンは自分の目の前で女が連行される場面を見せられることになる。自分のつらい気持ちをなだめるかのように、ジャンは逮捕の現場に向かって、ビルの屋上から花火を投げつけるのだ。タイトル原題の「白日焰火」とは、ジャンが仕掛けた白昼の花火のことなのである。

こんな具合に、恋愛が絡んだサスペンス映画である。なお、映画の冒頭に、ジャンらしき男が女に振られる場面が出て来るのだが、これが本体の筋書とはつながらない。どういうつもりでそんなシーンをはさんだか、首をひねるところだ。




HOME 中国映画










作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2021
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである