壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板



ルネ・クレール(René Clair)


ルネ・クレール(René Clair)は、サイレント時代からトーキー映画確立期にかけてのフランス映画を代表する映画作家であり、世界の映画史にも巨大な足跡を残した。技術的には、エイゼンシュテインと並んで、モンタージュ技法の確立に寄与したことで知られ、また、内容的には、鋭い文明批評やヒトラーの専制政治を批判したことでも知られる。「自由を我らに」は、現代の機械文明を痛烈に批判したものとして、チャップリンの「モダン・タイムズ」に影響を与えたと言われ、また、「最後の億万長者」は、ヒトラーの独裁ぶりをいち早く映画で皮肉ったものとして、同じくチャップリンの「独裁者」に影響を与えたといわれる。

一方で、「パリの屋根の下」で代表されるような、パリの街を舞台にした抒情的な恋愛映画も得意だった。戦時中は、ナチスのフランス支配を嫌ってアメリカに亡命し、ハリウッドで映画を作ったが、ハリウッドは肌に合わないらしく、「奥様は魔女」のような単純な娯楽映画の凡作でお茶を濁したといった状態だった。

戦後はフランスに戻り映画作りを再開、「悪魔の美しさ」や「夜ごとの美女」といった、ファンタスティックな映画を作り、巨匠ルネ・クレールの健在ぶりと、新たな作風への意欲をアピールした。これらの戦後の映画では、フランス映画界永遠の二枚目俳優との評判が高いジェラール・フィリップをフィーチャーした。ジェラール・フィリップの魅力は、ルネ・クレールと組んだ時に、もっとも理想的な形で表現されたのではないか。

ルネ・クレールはまた、チャップリンとの因縁がよく話題になるが、チャップリンの「モダン・タイムズ」が「自由を我らに」の影響を指摘されると、自分もチャップリンの映画に強い影響を受けたといって、お互いさまといった鷹揚な姿勢を示した。

ここではそんなクレールの作品の中から、面白くてしかも入手が容易な作品をとりあげて、鑑賞しながら適宜解説・批評を加えたい。




パリの屋根の下(Sous les toits de Paris)

ル・ミリオン(Le Million)
自由を我等に(A nous la liberté)
最後の億万長者(Le dernier milliardaire)
悪魔の美しさ(La Beauté du diable)
夜毎の美女(Les belles de nuit)




HOME フランス映画次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである