壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



最初の人間:カミュの自伝的回想



2012年のフランス映画「最初の人間(Le premier homme)」は、アルベール・カミュの同名の自伝的小説を映画化したもの。カミュは1960年に交通事故で死ぬのだが、その際にカバンの中から小説の草稿が発見された。それがカミュの死後34年後に刊行された。この映画はそれを原作としたものである。

1957年ごろの、アルジェリア独立戦争を舞台に、カミュが少年時代を回想するという設定。カミュはアルジェリアに生まれたのだが、支配階級のフランス人であり、現地人からは打ち解けてもらえなかった。また、父親が若くして死んだりして家が貧しかったので、フランス人としても中途半端だった。だからカミュは、自分自身のアイデンティティに不安定なものを感じていたらしい。その不安な感じが、この映画ではよく描かれている。

貧しいながらも、奨学金を貰って高等教育を受けることができたカミュ(映画ではコルムリとなっている)は、独立戦争で騒然としているアルジェリアに戻ってくる。日本で言えば、錦を飾るというところだろうが、クレオールのカミュにとって、アルジェリアは居心地のいいところではない。なぜそうなのか。それは少年時代における、アルジェリアの体験に原因があった。その少年時代の体験をカミュはなつかしく思い出すのだ。なにしろ愛する母親とか、世話になった恩師と会うことができたのだ。それらの人々と交流を暖めながら、カミュは少年時代を回想するのだ。映画の大部分は、その回想からなっている。

色々と辛いことがあったが、もっとも辛かったのは、アラブ系の子どもたちから疎外されたことだ。その子どもの一人と久しぶりに対面したカミュは、かれの息子が独立戦争にかかわって逮捕され、死刑判決を受けたと聞き、その救済のために一肌脱ぐ。ところが独立運動の大儀を大事にする息子は、いさぎよく刑に服することを選ぶ。カミュの努力は実らないのだ。

そんなわけで、回想の中で辛いことが連続するのと平行して、現実の世界でも辛い事態が進行する、といった内容の、暗い感じの映画である。

タイトルの「最初の人間」が何を意味するのか、よくわからない。アダムとイヴではなく、カミュ自身にかかわることらしいのだが、それが何なのかは伝わってこないのだ。




HOME フランス映画










作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2021
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである