壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



オーケストラ・リハーサル:フェデリコ・フェリーニ



フェデリコ・フェリーニの1979年の映画「オーケストラ・リハーサル(Prova d'orchestra)」は、タイトルの通り、あるオーケストラ楽団の練習光景を描いたものである。トスカニーニと縁がありそうなこの楽団は、楽団員が楽団の経営者と仲が悪いばかりでなく、主任指揮者とも仲が悪い。その主任指揮者と経営者が、テレビ局の取材を受け入れ、楽団の練習光景を記録させるのだが、それが楽団員には気に入らない。ノーギャラのうえに、指揮者の傲慢さが我慢できないのだ。

それでも最初のうちは、テレビ局員の個別のインタビューに答えている。トロンボーンの音は創造主の声だといい、ピアノとバイオリンは音の覇権を争いあっていると言い、ファゴットは屁の音だと言い、チューバはその姿が野良犬を思わせると言い、オーボエはデリケートさをバイオリンと争うという

そのうち指揮者が登場して稽古が始まる。楽団員の出す音が指揮者は気に入らない。そこで何度も罵倒する。罵倒されるたびに楽団員の怒りは高まっていく。その怒りは、中休みの時間に爆発する。かれらは怒りにかられて破壊活動に夢中になる。壁をペンキで塗りたくるのはまだ序の口、そのうちリハーサルの会場そのものが破壊されてしまうのだ。

指揮者と楽団員は、どういうわけか和解する。そのしるしに、破壊されたスタジオで、稽古の続きをするのだ。

こんな具合に、何が言いたいのかよくわからない映画である。フェリーニは何のつもりでこんな映画を作ったのか。ただしフェリーニらしさは、画面の端々から感じられる。指揮者と楽団員の対立が破壊的な行動であらわされるところとか、楽団員たちの道化的な振舞いとか、なかには混乱をよそにセックスに興じる男女がいたりとか、とにかく猥雑な祝祭的雰囲気が充満しているのである。




HOME イタリア映画フィリーニ次へ










作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2021
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである