壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板




大島渚の世界:映画の鑑賞と批評


大島渚は、日本のヌーヴェルヴァーグ映画の運動を牽引した作家と言われる。ヌーヴェルヴァーグは、1950年台後半から1960年台のフランスで広がった運動で、社会のあり方に疑問を投げつけるのが特徴だった。日本のヌーヴェルヴァーグ運動は、松竹を中心に起きたので、松竹ヌーヴェルヴァーグとも呼ばれている。大島のほか、篠田正弘や吉田喜重がその担い手と思われていた。もっとも大島本人はそう呼ばれることを嫌ったそうだ。松竹ヌーヴェルヴァーグは、本家フランス程の思想性を感じさせないが、大島渚の映画には、政治的なメッセージが色濃く含まれている。

大島渚は1959年に「明日の太陽」で監督デビューし、青春映画のようなものを作っていたが、その代表的な作品は1960年の「青春残酷物語」である。これは当時流行した太陽族のパロディといったもので、若者たちの鬱屈した青春を描いたものだ。ついで大島は、「日本の夜と霧」、「日本春歌考」、「無理心中日本の夏」といった青春映画をひねったような作品を作り続けた。そうした作品が、日本のヌーヴェルヴァーグを飾るものとして受け取られたわけだ。

1968年の作品「絞死刑」は日本の死刑制度への疑問を表明したものであり、その翌年の「少年」は、子供に当たり屋をやらせながら放浪する一家を描いた。これは繁栄の陰にある悲惨を描いたものとして、日本の現状への強い批判を盛り込んだものであった。

大島渚のそうした日本社会への批判意識は、1983年の作品「戦場のメリークリスマス」で頂点に達した。これは日本軍のビルマ戦線における捕虜虐待をテーマにしたもので、ウィリアム・ホールデンが「戦場にかける橋」で取り上げたテーマを、日本人の立場から取り上げたものだったが、日本映画にかかわらず、日本軍への強烈な嫌悪感が表面に出ていて、保守派からは強い反発を受けた。なおこの映画には、若い頃のビートたけしが端役で出演する一方、当時世界的に人気のあった歌手デヴィッド・ボーイーが出演して、日本人音楽家坂本龍一と演技比べをしているので大きな話題となった。

その一方で大島渚は、男根切り取り事件を起こして世間を騒がした阿部貞をモチーフにして「愛のコリーダ」を作った。この映画は大胆なセックスシーンが当時の観客の度肝を抜き、日本もいよいよ欧米並みに、セックスが映画のなかで赤裸々に表現される時代を迎えたことを、世間に認識させることになった。

こんなわけで大島渚は、かれなりの問題意識から、日本社会を批判的な目で描き続けて来たと言える。ここでは、そんな大島渚の代表作を鑑賞し、適宜批評を加えたい。




青春残酷物語:大島渚

太陽の墓場:大島渚
日本の夜と霧:大島渚
白昼の通り魔:大島渚
日本春歌考:大島渚
無理心中日本の夏:大島渚
絞死刑:大島渚
少年:大島渚
儀式:大島渚
愛のコリーダ:大島渚
戦場のメリー・クリスマス:大島渚



HOME日本映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである