壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板




山田洋次:映画の鑑賞と批評


山田洋次といえば、寅さんシリーズが定番で、年二本以上作り続けた。その合間に、日本人の生き方をテーマにした映画を作ったわけだが、そのいずれもが、我々日本人に、人間の生き方について強く感じさせる。

とりわけ、「男はつらいよ」シリーズは、東京の下町葛飾柴又出身の風来坊で、渥美清演じる瘋癲の寅を主人公に、日本人のいまでは忘れられた人情味あふれる生き方をテーマにして、実に五十作近い連作となった。


山田洋次は、寅さんシリーズを、原則年に二回(年末年始と夏のお盆)作り続ける一方、その合間に、やはり日本人の人情ある生き方をテーマにした独立作品をヒットさせた。とりわけ家族の連帯を描いた「家族」とか、夫婦愛をテーマにしたロード・ムーヴィー「幸福の黄色いハンカチ」は、日本映画史に残るべき傑作である。

ここではそんな山田洋次の映画の中から、代表的な作品を取り上げて鑑賞したい。まず、「男はつらいよ」シリーズを取り上げ、ついで単発作品を紹介する。



男はつらいよ

家族
故郷
同胞
幸福の黄色いハンカチ
遥かなる山の呼び声
キネマの天地
息子
学校
たそがれ清兵衛
武士の一分
母べえ
おとうと
東京家族
小さいおうち


HOME日本映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである