壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



犬神家の一族:市川崑の映画



市川崑の1976年の映画「犬神家の一族」は、当時推理作家として人気のあった横溝正史の同名の小説を映画化した作品。市川は以後、石坂浩二を金田一耕助役にしたシリーズものを作るようになる。シリーズのどの作品もヒットしたが、純粋な娯楽としてはともかく、批評に耐えるような内容はないといってよい。

やたらと複雑なストーリー展開になっているわりに、内容そのものは希薄である。要するに、地方の資産家が死んだあとで、その遺産争奪をめぐり醜悪な争いが展開されるというようなものだ。見どころがあるとしたら、石坂浩二演じる金田一耕助のおとぼけぶりだろう。石坂はハンサムでインテリジェントな雰囲気を漂わせているが、こういうとぼけ役もなかなか似合う。

そのほかにあえて言うことはない。


HOME日本映画市川崑次へ








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2021
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである