壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



黒沢清の映画:解説と批評


黒沢清はピンク映画の「神田川淫乱戦争」でデビューし、ピンク映画としては珍しいほどの注目を浴びた。第二作の「ドレミファ娘の血が騒ぐ」は、一応ピンク映画の要素がないわけではないが、そのジャンルに納まるほど単純なものではなかった。筋書きには荒唐無稽さを感じさせたが、その荒唐無稽さが洗練されて、やがてホラー映画へと進んでいった。黒沢清のホラー映画は、日本の伝統的な怪談を取り込んだもので、かれの映画には、幽霊が生きている人間とかかわりあうというものが多い。そうしたところが海外の映画人から注目されて、外国に招かれて映画を作ったこともある。

1997年の「CURE」は、何者かによって洗脳された人間たちが次々と陰惨な殺人事件を引き起こすというもので、それを捜査した担当刑事まで洗脳されかかるというものだ。わけのわからない無意識殺人をテーマにしている点で一応ホラー映画と言えるが、推理小説的な醍醐味もある。

1999年の「カリスマ」は、巨大な古木が人間たちを翻弄するというもので、人間の自主性の底の浅さをテーマにしたものだ。2000年の「回路」は、幽霊が大勢出て来る。そう言う点では、黒澤流ホラー映画を確立したものだと位置付けられる。この映画は海外でも評判になって、リメーク版がいくつも作られたほどだ。

2008年の「トウキョウソナタ」は、ホラー映画ではなく、社会の厳しさを描いたシリアスな作品だ。リストラで職を失い解体の危機に瀕した家族を描いている。2015年の「岸辺の旅」は幽霊が妻のもとに現われて、この世で暮らしている他の幽霊を訪ね歩くというもので、こうした発想は、幽霊と日常的に共存している日本社会ならでは生まれないと評されたものだ。

2016年の「ダゲレオタイプの女」は、フランスに招かれて作った作品で、事実上フランス映画といってよい。これも幽霊が生きている人間とかかわりあうという趣向の作品で、フランス人のオリエンタル趣味に答えるものとなった。

2017年の「散歩する侵略者」は、異星人が地球人を使役して地球の支配をねらうというもので、黒澤がとどりついた究極のホラー映画といってよい。こんな具合に、黒澤の映画世界は、幽霊をフィーチャーしたホラー映画に醍醐味があり、それが世界的な評判につながったと言える。ここではそんな黒沢清の代表的な作品を取りあげ、鑑賞の上適宜解説・批評を加えたい。



ドレミファ娘の血は騒ぐ:黒沢清
CURE:黒沢清
カリスマ:黒沢清
回路:黒沢清
トウキョウソナタ:黒沢清
岸辺の旅:黒沢清
ダゲレオタイプの女:黒沢清
散歩する侵略者:黒沢清


HOME 日本映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2020
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである