壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



南欧・ギリシャ映画


スペイン・ポルトガルの映画を中心にして、ギリシャを含めた南ヨーロッパ諸国の映画を紹介する。イタリアは別に項目をたてて紹介する。スペイン・ポルトガルとギリシャとでは、歴史的にも文化的にもほとんど関連はないのだが、たまたま南欧という地理的属性を共有しているため、無理を承知で同じ項目に含めた。

スペイン映画は、なんといってもルイス・ブニュエルの存在感が圧倒的である。ブニュエルは、フランスでデビューしたこともあって、フランス映画の巨匠として遇されてもいるのだが、やはりスペイン人だし、スペイン語の映画を多数作っているので、スペイン映画の巨匠として分類したい。

スペイン映画は、近年ますます隆盛しており、ペドロ・アルモドバルとか、アレハンドロ・アメナーバルといったすぐれた映画作家を出している。そんなこともあって、スペインは映画先進国の一つである。

一ギリシャ映画は、テオ・アンゲロプロスの存在感が圧倒的だ。ギリシャ映画といえばアンドロプロスといった具合に、アンゲロプロス一人でギリシャ映画を代表している感がある。

ここでは、そんな南欧・ギリシャ映画の代表作を取り上げ、鑑賞のうえ適宜解説・批評を加えたい。


スペイン映画
ミツバチのささやき:ヴィクトル・エリセ
エル・スール:ビクトル・エリセ
汚れなき悪戯:ラディスラオ・バホダ
ベル・エポック:フェルナンド・トルエバ
「僕の戦争」を探して:ダビド・トルエバ
アナとオットー:フリオ・メデム
ルシアとSEX:フリオ・メデム

ルイス・ブニュエルの映画
アンダルシアの犬(Un Cien Andalou)
黄金時代:ルイス・ブニュエルの映画
忘れられた人々(Los Olvidados)
ナサリン:ルイス・ブニュエルの映画
皆殺しの天使:ルイス・ブニュエルの不条理映画
小間使いの日記(Le Journal d'une femme de chambre)
昼顔(Belle de Jour)
銀河(La Voie lactée)
哀しみのトリスターナ(Tristana)
ブルジョワジーの秘かな愉しみ(Le Charme discret de la bourgeoisie)
自由の幻想:ルイス・ブニュエル
欲望のあいまいな対象(Cet obscur objet du désir)

ペドロ・アルモドバルの映画
バチ当たり修道院の最期:ペドロ・アルモドバル
神経衰弱ギリギリの女たち:ペドロ・アルモドバル
キカ:ペドロ・アルモドバル
オール・アバウト・マイ・マザー:ペドロ・アルモドバル
トーク・トゥ・ハー:ペドロ・アルモドバル
バッド・エデュケーション:ペドロ・アルモドバル
ボルベール:ペドロ・アルモドバル
抱擁のかけら:ペドロ・アルモドバル

アレハンドロ・アメナーバルの映画
テシス:アレハンドロ・アメナーバル
オープン・ユア・アイズ:アレハンドロ・アメナーバル
アザーズ:アレハンドロ・アメナーバル
海を飛ぶ夢:アレハンドロ・アメナーバル
アレクサンドリア:アレハンドロ・アメナーバル

ポルトガル映画
家路:マノエル・ド・オリベイラ
夜顔:マノエル・ド・オリベイラ
家族の灯り:マノエル・ド・オリベイラ
ヴァンダの部屋:ペドロ・コスタ

テオ・アンゲロプロスの映画
狩人:テオ・アンゲロプロス
アレクサンダー大王:テオ・アンゲロプロス
シテール島への船出:テオ・アンゲロプロス
蜂の旅人:テオ・アンゲロプロス
霧の中の風景:テオ・アンゲロプロス
こうのとり、たちずさんで:テオ・アンゲロプロス
ユリシーズの瞳:テオ・アンゲロイプロス
永遠と一日:テオ・アンゲロプロス
エレニの旅:テオ・アンゲロプロス
エレニの帰郷:テオ・アンゲロプロス


HOME









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2019
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである