壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



スペインの映画:解説と批評


スペイン映画は、広大なスペイン語圏を市場にしていることもあって、20世紀の早い時期から繁栄していたようだが、メジャーな位置付けではなかった。そのため、スペイン人の異才ルイス・ブニュエルなどは、フランス映画界に活動の場を求め、今日フランス映画の巨匠として知られているくらいである。

スペイン映画が国際的に認知されるのはフランコ体制が終わってからである。フランコが死んだのは1975年のことだが、その前後からスペイン映画界には自由な雰囲気が生まれ、傑作と呼べるような作品が生まれていった。その当時を代表する監督はビクトル・エリセであり、またペドロ・アルモドバルが続いた。

1987年に、スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞が創設されると、質の高い作品が数多く作られるようになる。ペドロ・アルモドバルはこの賞の常連となり、アレハンドロ・アメナーバルがそれに続いた。アメナーバルは後にハリウッドに進出し、国際的な活躍ぶりを見せた。

スペイン映画に共通する特徴というほどのものは見当たらないが、他の国の映画と比べれば、非常に楽天的な雰囲気が強いことと、それを映像であらわしたように、画面が明るいことだろう。とくにアルモドバルの画面は非常に明るい。

ここではそんなスペイン映画の代表作をとりあげ、鑑賞しながら適宜解説・批評を加えたい。



ミツバチのささやき:ヴィクトル・エリセ
エル・スール:ビクトル・エリセ
汚れなき悪戯:ラディスラオ・バホダ
ベル・エポック:フェルナンド・トルエバ
「僕の戦争」を探して:ダビド・トルエバ

ペドロ・アルモドバルの映画
バチ当たり修道院の最期:ペドロ・アルモドバル
神経衰弱ギリギリの女たち:ペドロ・アルモドバル
キカ:ペドロ・アルモドバル
オール・アバウト・マイ・マザー:ペドロ・アルモドバル
トーク・トゥ・ハー:ペドロ・アルモドバル
バッド・エデュケーション:ペドロ・アルモドバル
ボルベール:ペドロ・アルモドバル
抱擁のかけら:ペドロ・アルモドバル

アレハンドロ・アメナーバルの映画
テシス:アレハンドロ・アメナーバル
オープン・ユア・アイズ:アレハンドロ・アメナーバル
アザーズ:アレハンドロ・アメナーバル
海を飛ぶ夢:アレハンドロ・アメナーバル
アレクサンドリア:アレハンドロ・アメナーバル

アナとオットー:フリオ・メデム
ルシアとSEX:フリオ・メデム

HOME 南欧映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2020
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである