壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板




アメリカン・ニューシネマ


1960年代の末から70年代の初めにかけて、アメリカン・ニューシネマと称される一群の映画が作られた。ベトナム戦争で傷ついたアメリカの良心を正面から取り上げた作品が多い。共通するのは時代への鋭い批判意識が込められていることだ。ここでは、そんなアメリカン・ニューシネマの傑作といえる作品を紹介したい。



俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde):アーサー・ペン
卒業:マイク・ニコルズ
フレンチ・コレクション:ウィリアム・フリードキン
ダーティハリー(Dirty Harry):ドン・シーゲル
スケアクロウ( Scarecrow ):ジェリー・シャッツバーグ
ロング・グッドバイ(The long goodbye):ロバート・アルトマン
カッコーの巣の上で(One Flew Over the Cuckoo's Nest):ミロス・フォアマン
タクシー・ドライバー(Taxi Driver):マーティン・スコセッシ
イージー・ライダー(Easy Rider):デニス・ホッパー
明日に向って撃て(Butch Cassidy and the Sundance Kid):ジョージ・ロイ・ヒル
真夜中のカーボーイ(Midnight Cowboy):ジョン・シュレジンジャー
M★A★S★Hマッシュ:ロバート・アルトマン
スティング(The Sting):ジョージ・ロイ・ヒル
スローターハウス5(Slaughterhouse-Five):ジョージ・ロイ・ヒル


HOMEアメリカ映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2018
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである