壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板



木下恵介の世界:映画の鑑賞と批評


木下恵介は黒沢明と共に、戦後の日本映画をリードした巨匠であるが、どういうわけか黒沢よりかなり低く評価されてきた。その理由として、黒澤に比べて地味な作風だとか、安っぽいヒューマニズムをあげる批評家が多いが、最近になってまさにそうした作風が海外で高く評価されるようになり、木下恵介は戦後日本どころか日本映画を代表する偉大な映画作家の一人に数えられるようになった。それに伴い、日本国内での評価も高まりつつある。


木下恵介は黒澤明とほぼ同じ時期に映画監督としてデビューした。デビュー作の「花咲く港」はコメディタッチの風俗映画だったが、四作目に陸軍の協賛で「陸軍」を作った。これは田中絹代演じる軍国の母の、息子を送りだすときの切ない表情が話題を呼んだものだったが、まさにそれが女々しいとして軍部から疎まれ、以後木下は映画作りの第一線から放逐されることとなった。木下といえば非常におとなしい印象があるが、実は芯の強いところがあったのである。

戦後映画作りの現場に戻った木下は、あたりさわりのない娯楽映画を連発していたが、1951年に、人気女優高峰秀子を起用して、日本で初の総天然色映画として作った「カルメン故郷に帰る」は、そうした娯楽路線の総仕上げとなるものだった。木下はついで「カルメン純情す」を作るが、これは単なる娯楽作品にとどまらず、社会的な視線を感じさせるものだった。

木下恵介の映画には、以後そうした社会的な視線が目立つようになる。「日本の悲劇」、「女の園」、「夕焼け雲」といった一連の作品がそれで、木下の前期を代表する作品群だ。その合間に、日本の映画史に残る傑作「二十四の瞳」を作っている。これも単なるヒューマンドラマではなく、同時代の日本に対する鋭い批判意識に導かれた作品である。

1958年に作った「楢山節考」は、映画における実験に積極的だった木下恵介の実験的な精神がよくあらわれている作品である。歌舞伎や能を参考にしながら、様式的な画面作りや伝統音楽の活用を通じて、独特の映画美を表現した。その様式的な映画美は、姨捨というショッキングなテーマ設定と相俟って、独自の世界を作り上げている。「二十四の瞳」と並ぶ木下の代表作といえる。

後年の木下恵介は、「喜びも悲しみも幾年月」の延長としてのメロドラマ的な作品を多く手掛けるようになる。これが、木下の作品はヒューマニズムの安売りだと批判される原因ともなったようだ。たしかにそうした作品には、あまり深い思想性は認められないが、映画というものは、思想性で成り立っているものではないので、それも一つの行き方だとは思う。ここではそんな木下恵介の代表的な作品を鑑賞しながら、適宜批評を加えたい。




花咲く港
陸軍:木下恵介の世界
新釈四谷怪談:木下恵介
カルメン故郷に帰る:木下恵介の世界
カルメン純情す:木下恵介
日本の悲劇:木下恵介の世界
女の園:木下恵介
二十四の瞳:木下恵介の世界
夕やけ雲:木下恵介の世界
喜びも悲しみも幾歳月:木下恵介の世界
楢山節考:木下恵介の世界
笛吹川:木下恵介の世界
永遠の人:木下恵介

始まりの道:木下恵介の青春時代を描く



HOME日本映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである