壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板



成瀬巳喜男の世界:映画の鑑賞と批評


成瀬巳喜男は、溝口健二、小津安二郎、黒沢明とならんで日本映画の四大巨匠などといわれ、いまや海外で高い評価を受けるようになっている。他の三人の巨匠たちがそれぞれ強烈な個性を映画に投影しているのに対し、成瀬巳喜男はどちらかというと抑制された映画作りを通じて、古い時代の日本人の、とりわけ女性たちの生きざまを描きだした。

成瀬巳喜男は、戦前には新派狂言を手掛け、戦後は女の生きざまをテーマにした映画を作ったので、経歴的には溝口健二と似たところがある。
溝口の場合には、男に食い物にされながらけなげに生きる女たちの意地を描いたわけだが、成瀬巳喜男も同じように女の生き方を描いたのだった。成瀬は溝口よりさらに踏み込んで、女の視点から日本人の生き方を描いたといってよい。このような作風の映画作家は、日本のみならず世界的にも珍しいといえる。そんなところにも成瀬が世界的に高く評価される所以がある。

成瀬巳喜男といえば、林芙美子の小説に題材をとった「浮雲」や「放浪記」といった作品に見られるように、文芸ものが多い印象がある。実際戦前の佳作「妻よ薔薇のように」などは、今ではメロドラマの部類に入るものだが、そうした文芸的な匂いのする作品が、成瀬巳喜男のもっとも得意とするものだったことは窺われない。

成瀬巳喜男には職人気質なところがあって、どの作品も手を抜かず、丁寧に作っている。しかも多作である。多作でありながら傑作ぞろいなのはたいしたことで、その点では佳作と駄作が共存している溝口健二とは異なる。しかしその成瀬も戦時中にはスランプに陥った。軍国主義の風潮に便乗して映画を作ることにためらいがあったからだと思う。成瀬が戦後本格的にすぐれた映画作りに取り組むのは、1951年の「めし」がきっかけである。それ以降成瀬は、傑作といわれるような作品を、死ぬまで休みなく作り続けた。

その成瀬の最高傑作を一つ上げろといわれれば、やはり「浮雲」になろうかと思う。この映画は、戦争を背景にして男女の切ない恋を描いたものだが、日本の恋愛映画として、溝口の「近松物語」と並んで筆頭にあげるべき作品だと思う。一貫して女に寄り添い続けた成瀬としては、女の愛を美しく描くことこそが、もっともしっくりといく生き方だったと思われるのである。

女を描いた作品のほか、成瀬には社会的な視線を感じさせるものもある。戦前の作品では「働く一家」、戦後の作品では「乱れる」がその代表的なものであろう。また「流れる」は日本の風俗史の一コマを描いたもので、こういう映画を通じて人は日本のかつての風景を親密な情感を伴ないながら味わうことになる。成瀬はそういう点でも、なかなか得難い映画作家だったといえよう。ここではそんな成瀬巳喜男の代表作を鑑賞しながら、適宜批評を加えたい。



君と別れて:成瀬巳喜男
夜ごとの夢:成瀬巳喜男

妻よ薔薇のやうに:成瀬巳喜男
鶴八鶴次郎:成瀬巳喜男
はたらく一家:成瀬巳喜男
秀子の車掌さん:成瀬巳喜男
芝居道:成瀬巳喜男
めし:成瀬巳喜男の世界
稲妻:成瀬巳喜男の世界
山の音:成瀬巳喜男の世界
浮雲:成瀬巳喜男の世界
流れる:成瀬巳喜男の世界
女が階段を上る時:成瀬巳喜男の世界
放浪記:成瀬巳喜男の世界
乱れる:成瀬巳喜男の世界
女の中にいる他人:成瀬巳喜男
乱れ雲:成瀬巳喜男



HOME内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである