壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板



地の果てを行く(La bandera):ジュリアン・デュヴィヴィエ



ジュリアン・デュヴィヴィエ(Julien Duvivier)の1935年の映画「地の果てを行く(La bandera)」は、ジョゼフ・スタンバーグの「モロッコ」(1930年)、ジャック・フェデーの「外人部隊」に続き、モロッコのスペイン外人部隊を舞台にした作品である。モロッコの外人部隊というのは、ヨーロッパ中からわけありの人間たちが集まってきており、いわば人生の吹き溜まりと言うような印象があったのだろう。映画の舞台としては恰好ということで、何度も取り上げられたようである。映画の有力なジャンルのひとつになっていたわけだ。

この映画に出てくる男たちも、みなわけありの過去を持っている。主人公のピエール・ジリエト(ジャン・ギャバン Jean Gabin)は、パリのサン・ヴァンサン通りで殺人を犯し、官憲の追及を逃れるために、モロッコの外人部隊に流れてきたということになっている。住めば都とは言ったもので、ジリエトには親しい友人もでき、毎日をなんとかしのいでいけそうな気持になる。しかし、同僚の中にひとり不審な男リュカ(ロベール・ル・ヴィガン Robert Le Vigan)がいて、ジリエトはその男が気になってならない。もしかしたら自分の過去を知っているのかもしれない、そう思ったジリエトは、隊長に直訴して、リュカとは別々の、奥地の部隊への配属替えをしてもらう。

こうして奥地勤務となったジリエトは、現地の踊子アイシャ(アナベラ Annabella)と恋に陥る。二人は互いの血をすすりあって結婚し、仲間たちの祝福も受ける。ところが、そんなところへリュカが援軍の一員としてやってくる。リュカは実は、パリ警察の密偵で、ジリエトをつけまわしていたのである。

ジリエトはリュカを殺そうとも思うが、どうしても殺せない。そんなところへ、決死の任務への募集がある。更に内地に入った前線で、生きて帰れる見込みはほとんどないという。ジリエトはその任務に志願する。ところがリュカもまた志願するのだ。

こうして、ジリエトとリュカを含んだ部隊が、前線での厳しい状況に立たされる。敵との戦闘で、部隊のメンバーは次々と死に、隊長もまた致命的なダメージを受ける。そんな限界状況に立たされるなかで、リュカはジリエトに尊敬の念を覚えるようになる。厳しい状況の中でも自分を忘れず、任務に励むジリエトの姿を見て、自分のしていることが情けなくなったのだ。

最後はジリエトとリュカの二人だけになる。その機会にリュカはジリエトに自分のしてきたことをわび、許してくれという。ジリエトは無論許してやる。そこへ援軍が到着する。たすかる見込みが出てきたのだ。しかしそう思った瞬間、ジリエトは敵の銃弾を浴びて死んでしまうのだ。

こんなわけで、この映画の結末は実にさびしい。ジリエトは、折角リュカと和解できたのに、その瞬間に死ななければならなかった。また、ジリエトの妻となったアイシャにとっても、なんとも救いのない結果に終わった。

ひとつだけ、救いと言うべきものがあるとすれば、それはリュカがジリエトに謝罪するところだろう。彼が何故謝罪したのか、それはあまり問題とはされていない。そうすることで、ジリエトの人柄のすばらしさをアピールできればよい、ということなのだろう。このあたりは、ジャヴェール警部がジャン・ヴァルジャンの人柄に脱帽する「レ・ミゼラブル」を思い出させる。「レ・ミゼラブル」では、追及する側のジャヴェール警部が死ぬのであるが、この映画では追及される側のジリエトが死ぬという違いはあるが。

なお、リュカを演じたル・ヴィガンはデュヴィヴィエの前作「ゴルゴタの丘」ではイエス・キリストを演じていた。ギャバンのほうはピラト役だった。それがこの映画では、ジャン・ギャバンのほうが追われる役をつとめ、ル・ヴィガンが追う役を務めたわけで、「ゴルゴタの丘」とは全く逆の役回りになっているのが面白い。

また、アイシャを演じたアナベラは、「ル・ミリオン」や「パリ祭」での清楚な女性の役柄が印象に残るが、この映画の中では、アフリカのエキゾチックな雰囲気の女性を演じている。目を始めとして、表情の動きがなんとも独特の雰囲気を漂わせていて、なかなか印象的だった。

映画としては、こじんまりとよくまとまっている。特に映像処理については、隅々まで神経が行き届いている。モンタージュの組み合わせ処理が非常に丁寧になされているので、画面にひとつも不自然なところがない。デュヴィヴィエが巨匠扱いされるのは、こうした映像技術の巧みさによるところが大きいのだと思う。

なお、原題のLa Bandera は、もともとはスペイン語で、アフリカの現地部隊(つまり外人部隊)という意味だそうだ。





HOME フランス映画デュヴィヴィエ次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである