壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板



外人部隊(Le grand jeu)ジャック・フェデーの映画



ジャック・フェデー(Jacques Feyder)は、フランス映画の黄金時代を築いた巨匠の一人であるが、フランス人ではない。ベルギーに生まれてフランスに帰化した人物で、フランス映画と称される作品は、実質的には三本しか作っていない。しかし、そのわずか三本の映画が、その後のフランス映画に決定的な影響を与えたのであった。その影響は、多くの映画評論家によって、肯定的に評価されたが、中には否定的な評価をする者もある。ヌーヴェル・ヴァーグの旗手といわれたフランソワ・トリュフォーはその最たるもので、フェデーの映画は、「心理的リアリズム」というけちな傾向のために、フランス映画をつまらなくした元凶だといった。

たしかに、フランス映画には、ルネ・クレールやジャン・ルノワールのような、祝祭的雰囲気に富んだ非リアリズム的な流れと、フェデーやジュリアン・デュヴィヴィエのようなリアリスティックな流れがある。どちらが優れているかは、一概にはいえないが、フェデーがフランスリアリズムに大きな影響を与えたということは、歴史的事実として言えそうである。

「外人部隊(Le grand jeu)」は、フェデーの三本のフランス映画のうちの最初の一本である。フェデーはこれを、1933年に作ったが、その少し前(1930年)に、ジョゼフ・フォン・スタンバーグが、ゲーリー・クーパーとマレーデ・ディートリッヒを起用して、外人部隊をテーマにした映画「モロッコ」を作っていた。そんなわけで、この二つの映画は、色々な点で比較される。

「モロッコ」は、ゲーリー・クーパー扮する女たらしの兵士が、マレーネ・ディートリッヒ演じる酒場の歌手と恋に陥る話で、最後は二人が永遠の絆で結ばれるところで終わる。「外人部隊」もやはり、兵士と酒場の女との恋の物語だが、その恋には非常に複雑な事情が絡んでいる。また、「モロッコ」のように、ある意味ハッピーエンドで終わるわけではなく、観客に不条理な思いをさせるような終わり方をする。単純な恋愛映画である「モロッコ」に比較して、筋書きも複雑であるし、恋をめぐる男女の心理的葛藤も複雑なのである。

ピエール・リシャール・ウィルム(Pierre Richard Willm)扮する男が、破産で親族に迷惑をかけた罰として、モロッコの外人部隊に入隊させられる。男にはマリー・ベル(Marie Bell)扮する恋人がいたが、マリーの方は、落ちぶれた男を捨ててしまう。傷心した男は、外人部隊でやけになる。そんな男を、酒場のおかみフランソワーズ・ロゼー(Françoise Rosay)が何かと慰める。彼女は、トランプ占いが得意で、男の運命も占ってやる。近く新しい恋をするが、それは長続きしない。また、茶色の髪の男を殺すであろう。自分自身も死ぬかもしれない。それは、トランプ占いで、スぺードのナインとクラブのナインが隣り合ったときだ、というのである。

男は占いどおり、一人の女と恋に落ちる。この女は、外人部隊相手の酒場にやってきた歌手で、自分を捨てた恋人にうりふたつといってよいほど似ているのだ。映画の中では、マリー・ベルが、もとの恋人との二役を演じている。その演じ方が憎い。前の恋人の方は、声が高く仕草が派手なのにたいして、歌手の女のほうは、低い声で落ち着いた雰囲気を漂わせているのだ。

この酒場の女を巡ってトラブルがあり、男は占いのとおりに酒場の亭主を殺してしまう。ところが、おかみが男をかばって助けてくれる。そのうち、男には運が巡ってくる。親族から多額の遺産を相続したのだ。そこで男は、外人部隊の契約期間が満了したのを引き潮にして、マリー・ベルと共にフランスで暮らそうと思う。そして、マリセーユ行の船の切符まで用意したところ、偶然昔の恋人と再会する。その女は、アラブ人の金持ちと共に、モロッコまでやってきたのだった。

こうなると、男の情熱は、再びこの女に注がれることとなり、新しい恋人のことは頭から消え去ってしまう。結局男は、前の恋人とよりを戻すことはなく、かといって新しい恋人と生きていく気持ちにもなれず、そのまま外人部隊での生活を続けることを決意する。

そんな男の様子を、フランソワーズ・ロゼーがじっと見守っている。彼女はどうやら、この男を愛してしまったようなのだ。男が、新しい任務を帯びて出発するに際して、フランソワーズ・ロゼーは、男の運命を占ってやる。すると、スペードのナインとクラブのナインが隣り合って並ぶ。それを見たロゼーはびっくり仰天して、男に気取られないように努めるが、男は自分の運命を悟ってしまうのである。

こうして、死の運命を受け止めた男が、戦場に向かって出発するところで、映画は終わる。

こんな筋書からも、この映画が実に巧妙な仕掛けを内在させていることがわかろう。映画の登場人物はみな、その仕掛けに乗って行動している。それは、あたかもギリシャの運命劇を見るような感をさせる。どんな行為、どんな言葉にも、かくされた必然性が働いている。だから、登場人物たちは、運命の意図を実現する媒体にすぎない。それでいて、彼らは彼らなりに、つねに心理的な葛藤に直面しているように描かれている。壮大な運命が個人を巻き込むと、そこには心理的な葛藤が生まれるというわけである。

こんなわけで、この映画は、単なる心理的リアリズムを超えて、運命劇のような色彩をも感じさせる。重層的な構造を内在させているわけだ。そのあたりが、この映画を一流の作品に仕立て上げているところなのだろう。トリュフォーのように、わざとらしい「心理的リアリズム」として切り捨てるには、勿体ない作品だといえよう。





HOME フランス映画フェデー次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである