壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




小栗康平:映画の鑑賞と批評


小栗康平は寡作な作家で、生涯に作った映画の数が、両手で数えられるほどしかない。しかしそのすべてが珠玉のような光を放っている。特に処女作である「泥の河」は、日本映画史を飾る傑作と言ってよい。そんな小栗康平の映画を鑑賞し、適宜批評を加えたい。




泥の河:小栗康平
伽耶子のために:小栗康平
死の棘:小栗康平
埋もれ木:小栗康平



HOME日本映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである