壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




森田芳光:映画の鑑賞と批評


森田芳光は、「家族ゲーム」のように時代批判を押し出した映画を作るかと思えば、漱石の「それから」を映画化するし、また「失楽園」では、熟年男女の不倫の愛を描くことで、当時初老の域に入っていた団塊の世代の男たちをうならせるなど、その作風は幅広い。そして、娯楽映画としても成功している。比較的若くして死んでしまったのが惜しまれるが、ここではそんな森田芳光の代表作を鑑賞してみたい。



家族ゲーム:森田芳光
それから:森田芳光
失楽園:森田芳光
阿修羅の如く:森田芳光
武士の家計簿:森田芳光


HOME日本映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである