壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




1930年代のアメリカギャング映画


1930年代はアメリカ・ギャング映画の黄金時代だ。それには、20年代から30年代にかけて施行された禁酒法が背景にあった。禁酒法によって酒の製造が禁止されると、密造酒の製造・販売が横行するようになり、その利権を巡ってギャングたちが暗躍した。アル・カポネに代表されるようなギャングたちの生態と、彼らに立ち向かう捜査当局の活躍ぶりが、映画の格好の材料となり、そこから1930年代ギャング映画の繁栄が生まれたわけだ。

ギャング映画の中からは、ジェームズ・キャグニーやエドワード・G・ロビンソンといった個性豊かな名優たちが現れた。ここではそうした名優たちの意気な演技ぶりを味わってみたいと思う。



犯罪王リコ(Little Caesar):1930年代のアメリカギャング映画
民衆の敵(The Public Enemy):1930年代のアメリカギャング映画
暗黒街の顔役(Scarface):1930年代のアメリカギャング映画
汚れた顔の天使(Angels with dirty faces):1930年代のアメリカギャング映画



HOMEアメリカ映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである