壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




第二次大戦後のフランス映画


第二次世界大戦後に活躍したフランスの映画作家の代表作を鑑賞、解説していきます。



肉体の悪魔(Le Diable au corps):クロード・オータン=ララ
花咲ける騎士道(Fanfan la Tulipe):クリスチャン・ジャック
モンパルナスの灯(Les Amants de Montparnasse):ジャック・ベッケル
恐るべき子供たち(Les Enfants Terribles):ジャン=ピエール・メルヴィル
恐怖の報酬(Le Salaire de la peur):アンリ=ジョルジュ・クルーゾ
眼には眼を(Oeil pour Oeil):アンドレ・カイヤット
現金に手を出すな(Touchez pas a grisbi):ジャック・ベッケル



HOME フランス映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである