壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




ルイス・ブニュエル(Luis Buñuel)


アンダルシアの犬(Un Cien Andalou)
忘れられた人々(Los Olvidados)
小間使いの日記(Le Journal d'une femme de chambre)
昼顔(Belle de Jour)
銀河(La Voie lactée)
哀しみのトリスターナ(Tristana)
ブルジョワジーの秘かな愉しみ(Le Charme discret de la bourgeoisie)
欲望のあいまいな対象(Cet obscur objet du désir)




ルイス・ブニュエルはスペイン人だが、フランスの映画作家として知られている。ダリと共同のデビュー作「アンダルシアの犬」はフランスで作ったものだし、戦後の一連の作品もフランスで作ったものが多い。そんなわけでフランス映画の、それも巨匠として遇されているわけだ。

「アンダルシアの犬」は、シュルレアリズムの作品と言うことになっている。だがダリとは違ってシュルリアリズムにはこだわらなかった。メキシコにわたって作った映画はみなレアリズムタッチの作品だし、戦後フランスで作った一連の作品も、全くのレアリズムではなかったが、シュルレアリズムでもなかった。名状しがたい、いわばブニュエルらしい、独特の作品群だった。

ブニュエルの映画の特徴は、強烈な風刺性である。その風刺的精神を発揮して、ブニュエルは現代ヨーッロッパ社会の欺瞞や矛盾を描いた。とはいえ告発調は見られない。どちらかと言えばウィットに富んだ、洒落た映画作りがブニュエルの身上だ。





HOMEフランス映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである