壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




ウディ・アレン(Woody Allen)の世界


ウディ・アレン(Woody Allen)は、1960年代以降21世紀まで、息の長い活動をした映画作家だ。持前は独特のユーモア感覚で、笑いを通じて世界を斜めに見ると言った作風だ。大部分の映画において、監督、脚本、主演を兼ねた活躍ぶりを見せている。代表作は、「アニーホール」や「ハンナとその姉妹」といった作品だが、それらを通じてアレンは、現代アメリカ社会に生きる人々の、人間関係の難しさについて、独特のタッチで描いた。アレンにはまた、「恋するバルセロナ」や「ミッドナイト・イン・パリ」といった、大都市の魅力を謳歌した一連の作品群もある。彼のもうひとつの特徴は、観客へのサービス精神が旺盛だということだろう。




ウディ・アレンのバナナ(Bananas)
スリーパー(Sleeper):ウディ・アレンのSFコメディ
アニー・ホール(Annie Hall):ウディ・アレン
マンハッタン(Manhattan):ウディ・アレン
ハンナとその姉妹(Hannah and her sisters):ウディ・アレン
世界中がアイ・ラヴ・ユー(Everyone says I love you):ウディ・アレンのミュージカル・コメディ
マッチポイント(Match Point):ウディ・アレン
それでも恋するバルセロナ(Vicky Cristina Barcelona):ウディ・アレン
ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris):ウディ・アレン



HOMEアメリカ映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである