壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



瀬々敬久:映画の解説と批評


瀬々敬久は、ピンク映画作りから出発して、社会的な問題意識を盛り込んだ壮大な構想の映画を作るようになった珍しいキャリアを持つ監督である。同じようにピンク映画から出発して日本映画史上に残る業績を残したものに若松孝二がいるが、瀬々は若松に匹敵するスケールの大きな監督になった。二十一世紀の日本映画を代表する監督の一人である。

Wikipedia で瀬々敬久の履歴を見ると、1988年に「人妻ワイセツ暴行」を作って以来、20世紀の12年間に43本のピンク映画を作っている。このほかにもあるのかもしれないが。これだけでも大した数である。その中で秀作と言えるのは、「黒い下着の女 雷魚」と「アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女」であろう。どちらも、セックス描写だけが売り物ではなく、筋書にも見せる工夫がなされている。

瀬々敬久は、21世紀になると、普通の映画を作るようになった。それでも「肌の隙間」のように、ピンク映画の残影を引きずっているものもある。これは当初「ピンク映画」として作ったのだが、内容が面白くて幅広い支持を集めたので、一般公開された作品だ。つまり21世紀の瀬々敬久は、もはや単なるピンク映画の監督ではいられなくなったのである。

2009年に作った「感染列島」は、疫病によるパンデミックを描いたものだが、これが公開された時期にエピデミックが地球をおそったこともあって、世界的に評判となった。瀬々は一気に国際的な映画作家になったのである。

「ヘヴンズ・ストーリー」は人間の命を取りあげ、「友罪」は人間の誠実を取りあげた。どちらも重いテーマだ。それらを丁寧に瀬々は描いた。2018年の映画「菊とギロチン」は、アナキスト群像と女相撲の触れ合いを中心して、大正末期の暗い日本の世相を背景にして、民衆と権力との戦いを描いたものだ。その戦いぶりが、今村昌平的な猥雑さを通じて表現されているこの映画は、日本の映画史を飾る傑作の一つといってよい。

2019年の映画「楽園」は現代社会における村八分をテーマにしたものだ。都市化が進んだ日本では、村八分などはなくなったものと思われがちだが、一定の条件のもとでは、いまだに強烈な現象となって噴出するということを、十分に思い知らされる映画である。

以上、21世紀の瀬々敬久は、社会的な視線に貫かれた、問題意識の豊かな、重厚な映画作りにつとめたといえる。ここではそんな瀬々敬久の代表的な作品を取りあげて、鑑賞しながら適宜解説・批評を加えたい。



黒い下着の女 雷魚:瀬々敬久
アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女:瀬々敬久
肌の隙間:瀬々敬久
感染列島:瀬々敬久
ヘヴンズ・ストーリー:瀬々敬久
友罪:瀬々敬久
菊とギロチン:瀬々敬久
楽園:瀬々敬久


HOME 日本映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2020
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである