壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




ヌーヴェル・ヴァーグ映画


フランスのヌーヴェル・ヴァーグ映画の運動は、1950年代の末から60年代にかけて多くの作品を生み出した。フランソア・トリュフォーやジャン・リュック・ゴダールが中心となり、鋭い社会的視点に貫かれたものが多い。



大人は判ってくれない(Les Quatre Cents Coups):フランソワ・トリュフォー
ピアニストを撃て(Tirez sur le pianist):フランソア・トリュフォー
突然炎の如く(Jules et Jim):フランソワ・トリュフォー
勝手にしやがれ(À bout de souffle):ジャン・リュック・ゴダール
軽蔑(Le Mépris):ジャン=リュック・ゴダール
気狂いピエロ(Pierrot Le Fou):ジャン・リュック・ゴダール
素敵な悪女(Et Dieu créa la femme):ロジェ・ヴァディム
いとこ同志(Les cousins):クロード・シャブロル



HOMEフランス映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである