壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板




ヴィットリオ・デ・シーカ:映画の解説と批評


ヴィットリオ・デ・シーカ(Vittorio De Sica)は、名実ともにイタリア・ネオレアリズモの旗手と言える映画作家である。イタリアのネオレアリズモは、第二次世界大戦の敗戦国イタリアの、戦後の惨めな姿を冷徹に描いたことで知られているが、デ・シーカは中でも特に、辛辣な表現に徹した作家だったと言われている。彼の代表作の一つ「靴みがき」は、戦争によって孤児となってしまった少年たちを描いたものだが、この子らは福祉の対象としてではなく、治安維持の対象として、否定的に描かれている。そこに観客は、戦後のイタリア社会が抱えていた深刻な問題を読み取ることができる。

同じく代表作の「自転車泥棒」は、折角ありついた仕事に自転車がぜひ必要で、苦労して手に入れた自転車で仕事を始めたのはいいが、何者かによって奪われてしまうところを描いている。それも自分のちょっとした油断がもとで、目の前で盗まれてしまうのだ。そこで盗まれた主人公の男は、町中を血眼になって探し回る。この映画は、息子を連れて自転車を探し回る男の表情を映し出すことで成り立っているのである。そこまでして一台の自転車に執着させるのは、戦後のイタリアの厳しい状況だということを、この映画は考えさせるのである。

このようにヴィットリオ・デ・シーカの作品は、同時代のイタリア社会に対する厳しい視線に貫かれている。そういう傾向は続く作品「ミラノの奇跡」や「ウンベルトD」においてもみられる。「ミラノの奇跡」は、スラム街に住む人々が自分たちを追い出そうとする者と戦うというものだし、「ウンベルトD」は、生活に困窮した老人の自殺願望をテーマにしたものだ。

ヴィットリア・デ・シーカはまた、後年には、「終着駅」のような、通俗的な成功を狙ったメロドラマも作った。これは見ているのが恥ずかしくなるような、男女の甘い恋愛を描いたものだが、その男女が電車のなかで抱き合うシーンなどは、犬同士が戯れているようで、とても見られるしろものではない。こういう映画を見ると、ヴィットリオ・デ・シーカは、あまり器用な映画作家ではないという印象を受ける。

そういう印象は、1970年の映画「ひまわり」でもかわらない。これはロシア戦線に配属されたイタリア人兵士が、戦後ロシアにとどまって現地の女性と家庭をもったにかかわらず、イタリアに置いて来た女が忘れられずに、会いにいくという話だが、そういう甘い考えは、いかにもイタリア人らしくて、我々日本人には理解しかねるところがある。ともあれ、デ・シーカにはデ・シーカなりの魅力があるのはたしかなので、ここではそんなデ・シーカの作品のいくつかを鑑賞しながら、適宜解説と批評を加えたい。




靴磨き(Sciuscià)

自転車泥棒(Ladri di biciclette)
ミラノの奇跡(Miracolo a Milano)
ウンベルト・D(Umberto D)
終着駅(The terminal station)
ひまわり(I Girasoli)



HOME イタリア映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである