壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti)


郵便配達は二度ベルを鳴らす(Ossessione)
ベリッシマ(Bellissima)
ヴェニスに死す(Morte a Venezia)


ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti)は、ヴィットリオ・デ・シーカやロベルト・ロッセリーニと並んで戦後イタリア映画を代表する作家だが、所謂ネオ・レアリズモとは一風変わった映画を作った。本人は、自分もネオ・レアリズモから出発したといっているが、処女作の「郵便配達は二度ベルを鳴らす」は、どう見てもネオ・レアリズモとは言えない。

ヴィスコンティの神髄は、ネオ・レアリズモのように庶民と社会との葛藤を描くことではなく、人間同士の葛藤を描くことにあったと思われる。彼の作品の多くが、有名な小説を原作としていることにも、それは現れている。

ここでは、そんなヴィスコンティの作品から、代表的なものを鑑賞したいと思う。





HOMEイタリア映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである