壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini)


フェデリコ・フェリーニは、ネオレアリズモ風の映画から出発したが、後にその作風を一変させ、映画史の流れを塗り替えるような斬新な作品を作るようになった。その分岐点をなすのは、1960年の作品「甘い生活」である。

映画の常識であったストーリー性にこだわらず、また、技術的にも従来の殻を大胆に破ったこの映画は、「反映画」などと評された。「8 1/2」以降、フェリーニはこうした動きを追求し、独自の映画世界を作り上げて行った。



道(La strada):フェデリコ・フェリーニ
カビリアの夜(Le notti di Cabiria)
甘い生活(La dolce vita):フェデリコ・フェリーニ
8 1/2:フェデリコ・フェリーニ
サテリコン(Satyricon):フェデリコ・フェリーニ
フェリーニのローマ:フェデリコ・フェリーニ



HOMEイタリア映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである