壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




伊丹十三の世界


伊丹十三は、妻の宮本信子を主演女優にして、コメディタッチの洒落た映画を作った。「マルサの女」や「ミンボーの女」では、暴力団など日本社会の影の部分にも光をあてた。彼は謎の死をとげたが、その背景には闇の組織の介在も指摘されている。そんな伊丹十三の映画を鑑賞し、適宜批評を加えたい。



お葬式:伊丹十三
たんぽぽ:伊丹十三
マルサの女:伊丹十三
あげまん:伊丹十三
ミンボーの女:伊丹十三



HOME日本映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである