壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




市川崑の映画世界


市川崑は、文学作品の映画化でよい仕事をした。非常に多作な作家で、中には凡庸な娯楽作品も多いのだが、谷崎潤一郎の小説や、大岡昇平の「野火」などを、実に心憎く演出している。派手なところはないが、堅実な映画作りに定評があった。

また、1964年東京オリンピックの公式記録映画は、記録映画としてのみならず、芸術的な作品としても、日本の映画史上に残る傑作である。



炎上:市川崑
鍵:市川崑
野火:市川崑
ぼんち:市川崑
おとうと:市川崑
破戒:市川崑
細雪:市川崑
東京オリンピック:市川崑の記録映画



HOM| 日本映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである