壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板




フランク・キャプラ


フランク・キャプラは、ウィリアム・ワイラーと並んでアメリカ映画の全盛期を代表する監督である。ワイラー同様、さまざまなジャンルに挑戦し、しかも映画の娯楽性にも配慮した作品を作り続けた。一番得意な分野は、アメリカ人の理想をテーマにしたもので、人間は正直に生きてさえいればかならず報われるという楽天性がキャプラの信条だった。

フランク・キャプラの出世作は、クラーク・ゲーブルをフィーチャーした「ある夜の出来事」だ。この映画はいわゆるロード・ムーヴィーの傑作としてその後の映画の歴史に大きな影響を及ぼした。

「我が家の楽園」や「スミス都に行く」は、善良なアメリカ人をテーマにしている。また、「素晴らしき哉人生」は、アメリカンライフの究極の意味のようなものをテーマにした。いまでも、多くのアメリカ人から、アメリカ映画を代表する作品として受け取られ、親しまれている。

キャプラはこれらの映画を通じて、アメリカ人としての理想的な生き方を描き続けたのだが、その一方で、戦時中には一連の戦意高揚映画を作ったりもした。その点はワイラーと同じだが、ワイラーがドラマの形で人々の戦意に訴えたのに対して、フランク・クアプラはドキュメンタリー・タッチの映画を通じて、敵側たる枢軸国の悪辣さとアメリカを含めた連合国側の正義を人々に訴えた。

ここでは、そんなフランク・キャプラの代表作を取り上げて、鑑賞したい。


或る夜の出来事(It Happened One Night):フランク・キャプラ
オペラハット(Mr. Deeds Goes to Town):ウィリアム・ワイラー
失はれた地平線(Lost Horizon):フランク・キャプラ
我が家の楽園(You Can't Take It With You):フランク・キャプラ
スミス都へ行く(Mr. Smith Goes to Washington):フランク・キャプラ
アメリカの参戦(War Comes to America):フランク・キャプラの戦意高揚映画
素晴らしき哉、人生(It's a Wonderful Life):フランク・キャプラ


HOME









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2018
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである