壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



ヴィム・ヴェンダースの映画


ヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders)はドイツ映画を代表する監督である。出世作は1974年公開の「都会のアリス」で、以後「まわり道」、「さすらい」と続くいわゆるロード・ムーヴィー三部作で、70年代のドイツ映画を牽引したニュー・ジャーマン・シネマ運動の代表旗手と言われたものだ。

ニュー・ジャーマン・シネマとは、60年代後半からアメリカで沸き起こったアメリカン・ニュー・シネマを意識した表現だったわけだが、アメリカン・ニュー・シネマとはかなり趣を異にしていた。アメリカン・ニュー・シネマは、同時代のアメリカ社会に対する批判的な視点を強く感じさせたものだが、ニュー・ジャーマン・シネマには、同時代のドイツ社会に対する批判的な視点というか、政治的な意識を感じることはほとんどない。その頃のドイツは、東西に分裂しており、東側への対抗上、自国を批判的に扱うことがはばかられていたのだろう。

そうした傾向のニュー・ジャーマン・シネマのなかで、ヴィム・ヴェンダースの作品も、あまり政治的な傾向は感じさせない。とくに初期の代表作となったロード・ムーヴィー三部作では、ドイツ社会に対する批判意識はまったくないと言ってよく、もっぱら情緒的な雰囲気を強調することに徹している。その点では、ロード・ムーヴィーにも社会的な視点を盛り込んだアメリカン・ニュー・シネマとは大きく異なる。たとえば「イージー・ライダー」とヴィム・ヴェンダースの三部作を比較してみるだけでも、その相違は明白だ。

しかし、そのヴィム・ヴェンダースも、21世紀に入ると社会的な視線を感じさせる作品を作るようになる。「ミリオンダラー・ホテル」とか「ランド・オヴ・プレンティ」といった作品はその代表的なものだが、それらは同時代のドイツではなく、アメリカが舞台である。つまりヴェンダースは同時代のアメリカを批判することで、自分自身の政治的意識を満足させたといえなくもない。

ヴィム・ヴェンダースは日本への関心が高いことでも知られており、日本をモチーフにした映画も作っている。「東京画」はその代表的なもので、これは小津安二郎へのオマージュという側面ももっている。小津を材料にしながら、古き良き日本と現代の日本とを対比させるような演出をしている。それを見ると、日本人はなんとなく浅はかな人間として描かれており、その画面からは、日本人は文明化された野蛮人であるというような主張が伝わって来る。

このサイトでは、ヴィム・ヴェンダースの代表的な作品を取り上げて、鑑賞のうえ解説を加えたい。



都会のアリス:ヴィム・ヴェンダース
さすらい:ヴィム・ヴェンダース
ことの次第:ヴィム・ヴェンダース
パリ、テキサス:ヴィム・ヴェンダース
東京画:ヴィム・ヴェンダースの小津安二郎礼賛
ベルリン、天使の詩:ヴィム・ヴェンダース
ミリオンダラー・ホテル:ヴィム・ヴェンダース
ランド・オブ・プレンティ:ヴィム・ヴェンダース


HOMEドイツ映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2019
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである