壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



東陽一:映画の鑑賞と解説


東陽一といえば、「絵の中の僕の村」が代表作だ。小生はこの映画を、東中野の小劇場で見たのだったが、その折の印象はいまだに強烈に残っている。双子の兄弟が、おそらく四国の四万十川とその周辺の豊かな自然を舞台にして繰り広げる御伽噺のような世界は、見る者の誰をもして、自分自身の幼年時代へといざなう力を持っていた。小生もそのようにして、自分の少年時代の甘い雰囲気を思い出した一人だ。

東は、こうしたノスタルジックな雰囲気が好きと見えて、「風音」においても、少年たちの触れ合いを描いた。そうした触れ合いは、東の感性の原点となったらしく、成人の世界を描くときにも、表面に出て来る。彼の出世作「もう頬杖はつかない」は、ある若い女性の恋をテーマにしたものだが、その恋にもやはり幼さがあった。東の描く人間像には、この幼さが付きまとっているようである。

「酔いがさめたら、うちに帰ろう」は、アルコール依存症に陥った男、世間でアル中と呼ばれる男の、自己破壊的な生き方を描いたものだが、その男の甘えにも、人間としての幼さが感じられる。しかもその幼さを、彼の周辺にいる人々は、大目に見るばかりでなく、助長しさえするのである。

「私のグランパ」は、祖父と孫娘との心の交流をテーマにした作品で、幼さとか甘えとかは表面には出ていないが、やはりどこかノスタルジックな感じを漂わせている。孫と祖父の関係とは、だいたいそんなものであろう。

というわけで、東陽一という人は、人間の幼さとかノスタルジックな部分にこだわった映画作家だといえるのではないか。ここではそんな東陽一の代表的な作品を取り上げて、鑑賞しながら適宜解説を加えたい。



もう頬づえはつかない:東陽一
わたしのグランパ:東陽一
風音:東陽一
酔いがさめたら、うちに帰ろう:東陽一


HOME日本映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2019
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである